26
April , 2018
Thursday


ちょいワル火遊び馬券【京都牝馬S】【東海S】【アメリカJCC】

2015年1月23日(金)01時43分更新
Pocket

京都牝馬S(1月24日・京都11R)

今年は堂々の主役!ウリウリの連覇。

昨年は格上挑戦で当レースを制したウリウリ。さすがにヴィクトリアMではGⅠの壁に阻まれた格好となったが、長期休養を挟み府中牝馬Sを0秒4差⑧着、阪神Cを0秒2差④着と再び上昇気配、今年は堂々の主役で連覇有力の◎。相手筆頭は安定感抜群のキャトルフィーユでとにかく大崩れがない。展開不問の自在脚で対抗○。オークス以来だが実力馬フォーエバーモアが仕上がり順調で単穴▲。京都芝は3勝負け知らずのベルルミエールに特注★。あとはアロマティコ、ダンスアミーガ、レーヴデトワール、メイショウスザンナまで。

◎ウリウリ
○キャトルフィーユ
▲フォーエバーモア
★ベルルミエール
△アロマティコ
△ダンスアミーガ
△レーヴデトワール
△メイショウスザンナ

アメリカJCC(1月25日・中山11R)

まともならゴールドシップで断然!

実績断然のゴールドシップが有馬記念③着からさらに良化しているとなれば首位不動の◎。但し名うての気分屋だけに思わぬ凡走もあり得る。逆転含みの対抗○にはこのレースに相性が良いジャングルポケット産駒エアソミュールを抜擢。すでに3度この馬に乗っているC・デムーロも手の内に入れているはず。単穴▲はフェイムゲーム。昨年も③着に好走しており中山コースも問題はない。特注★には昨春に今回と同舞台の湾岸Sを圧勝したクリールカイザー。ここ3戦はGⅡ戦で③②③着と地力強化が著しい。以下△まで。

◎ゴールドシップ
○エアソミュール
▲フェイムゲーム
★クリールカイザー
△マイネルフロスト
△ダークシャドウ
△ショウナンラグーン
△ミトラ

東海S(1月25日・中京11R)

好調続くナムラビクター◎

当該距離(4・2・3・1)の適性に加えて近走の充実ぶりからナムラビクターに本命◎の期待。相変わらず調教は動かないが乗り込み量は十分足りている。対抗○にはインカンテーション。チャンピオンSは大外の不利がもろに出た格好、本質的には左回り得意で巻き返し十分。三番手評価の▲に前走の走破時計が極めて優秀なマイネルクロップ。コパノリッキーは実績上位だが単騎逃げて4馬身も切られた前走が不満、58kも自身未知の斤量で★まで落とす。ニホンピロアワーズ、ランウェイワルツ、ソロル、グラントシチーが押さえの△。

◎ナムラビクター
○インカンテーション
▲マイネルクロップ
★コパノリッキー
△ニホンピロアワーズ
△ランウェイワルツ
△ソロル
△グラントシチー