17
July , 2018
Tuesday


印×日×仏の三国融合カレー!「フレンチカレー」は超スパイシー~磨由子のグルメ散歩~

2015年1月24日(土)10時32分更新
Pocket

 どうにもカレーが食べたいな、という日がある。この日がそうだった。ランチタイムなら選択肢が多いのに、あいにくこの日はタイミングが夜。悶々と街をさまよいかけたところに、運よくカレー専門店にめぐり会った。ん?「フレンチカレー?」

 カウンターだけの店内は盛況な様子。ワインを手にしている人も。なるほど、シェフがフレンチ出身らしく、それらしきメニューも色々とある。前菜を味わってから2/3量のカレーでシメるという楽しみ方もできるし、ビストロとして使う手もある店のようだ。

 待ちかねたカレーは、クミンを中心とした複雑で芳しい香り!中粗挽きにしたスパイスを独自にブレンドしているという。イメージしていたよりもサラッとした質感は薬膳カレー風だ。フォン・ド・ボーとフレンチの技法を使っていると言うけれど、動物性のコクはありながらも、重くはない味わいもやはり薬膳を思わせる。とはいえ、スパイスのパンチ力は男性的な力強さ。具はタマネギくらいだから、牛肉の赤ワイン煮込みが中央に乗っているのがやけに神々しく見えるけれど、スパイスの粒がたっぷりで噛み応えも十分だ。

 ごはんは13穀米で、カレーによく合うほどよい硬さ(白米に差し替え可能)。辛味は奥行きとして感じられる程度なので、もっと辛いのが好みであれば、卓上のカイエンペッパーやブレンドスパイスで自分好みに調整することができる。私は途中で温泉卵を追加してカイエンペッパーを加え、アレンジして楽しんだ。

 ヘルシーなだけじゃ物足りないけれどヘルシーな方がいいという、一般的ながらわがままなニーズにピッタリのメニューだと思う。月ごとのカレーがあって、1月の「ゆずとりんご香る豆入りキーマカレー」には心が揺れた。でも、最終的には基本メニューを食べることに。なんせ、店名が「フレンチカレー スプーン」なのだから、これを知らずして帰っては店への礼儀を欠くような気がして。

 

※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

 

東京都杉並区松庵3-38-19 03-5941-6733 JR中央線 西荻窪駅(P無)「フレンチカレー」 930円

<a style=”color: #0000ff; text-align: left;” href=”https://maps.google.co.jp/maps?
大きな地図で見る