22
August , 2017
Tuesday


◎血統予想 【東京11R・白嶺S】【東京10R・箱根S】【東京9R・ゆりかもめ賞】

2015年2月6日(金)01時19分更新
Pocket

【東京11R・白嶺ステークス】

昇級戦の御影Sではスタートでつまずく不利がありながらも4着まで押し上げたピンポンの充実ぶりを買う。ハーツクライ×ホワイトマズル×アンバーシャダイという配合からはとてもダート戦のマイル前後が最適とは思われないが、直線では確実に伸びてくる。4代母サイクラスの子孫にはナリタルナパーク(中山牝馬S、秋華賞2着)、ペガサス(福島記念)、ミツワトップレディ(クイーンS)、バウンシーチューン(フローラS)といった重賞勝ち馬がいる。2着した実績のある東京コースなら自慢の末脚が爆発する。 

◎ピンポン
○ブラインドサイド
▲サウンドトゥルー 
△スザク
△オリオンザジャパン
△ダンシングミッシー

【東京10R・箱根ステークス】

◎ダービーフィズ
○ブランクヴァース
▲ストーミング 
△サトノレオパード
△ヘルデンテノール
△エイシンアロンジー

【東京9R・ゆりかもめ賞】

◎スワーヴジョージ
○タンタアレグリア
▲フォワードカフェ
△ポトマックリバー
△ヴェラヴァルスター
△エトランドル