23
November , 2017
Thursday


これぞ新食感!さっぱりクリーミーな「ポテトクリーム」~磨由子のグルメ散歩~

2015年2月7日(土)10時03分更新
Pocket

 今時のカフェ風の可愛らしい外観。表の窓口で注文と支払いを済ませてから店に入ると、スタンディングのカウンターが。隅っこには小さなベンチが2つ。

 全部で5種類あるメニューのうち人気が高いのは、定番の「ナスと挽肉のトマトポテトクリーム(店の看板にもあるとおりに、以下「ポテクリ」と訳す)」と「かぶと鶏肉のゴルゴンゾーラポテクリ」だそう。他にもカレー味、豆乳入り、とバリエーションが豊富だ。

 「小松菜としらすの和風ポテクリ」が目の前に置かれた。下半分がポテクリで上半分に具だくさんソースという2層になっていて、なかなかゴージャス。やや大きめの高級グラスデザートのようだ。いずれのメニューも様々な野菜が使われていて、山盛りなのも嬉しい。

 「蒸し立ての熱々のうちにマッシュして牛乳を加えて練るんです」と言うのだけれど、それだけでこんなにクリーミーになるものだろうか?舌が気持ちイイ!と感じるほど、軽やかでなめらかだ。乳脂肪はほとんど感じられず、後味サッパリ。これぞ新食感!温かいポテサラ、と例えられることが多いようだけれど、食べごたえとヘルシーさを備えた、シチュー風の前菜、とも言える気がする。正直言って、もっと安易な出来だろうと踏んでいた。いやいやこれは、B級中のA級グルメなのだった。

 とはいえ、ボリューム的にはやはり軽食。少量のパンやドリンクつきのセットもあるけれど、スルスルと食べられてしまうだけに大サイズやサブメニューがあると有難い。また、このポテクリは、550円で1つ食べるよりも、2つ食べて1100円を払った方が満足度が高いように思った。

 ポテクリ専門店「ポテトクリーム」はテイクアウトもできる。営業時間は8時まで。でも、それまでに当日分が売り切れてしまうことも珍しくなく、夕方の早いうちに閉店することもあるんだとか。微妙な時間に向かう時には確認してからの方が良さそうだ。

 

※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

 

東京都目黒区自由が丘1-25-2 03-3725-0222 東急東横線・大井町線 自由が丘駅(P無) 「小松菜としらすの和風ポテトクリーム」 550円

<a style=”color: #0000ff; text-align: left;”
<a
大きな地図で見る