19
November , 2017
Sunday


【英ブリット賞】マドンナが舞台から後ろ向きに転落!その時みせたプロ魂

2015年2月26日(木)04時06分更新
Pocket

マントが外れず後ろから引っ張れる形となった

マントが外れず後ろから引っ張れる形となった

 英国最大の音楽賞である「ブリット・アワード」の授賞式が25日、ロンドンのO2アリーナで開催されたが、米歌手マドンナ(56)のパフォーマンス中、トンデモナイ悲劇が起きた。マドンナが羽織っていた大きなマントをダンサーが引っ張って脱がす演出だったが、マントが外れず、ステージの階段上からフロアに後ろ向きのまま、引きずられて転落したのだ。

 それでも、さすが“クイーン・オブ・ポップ”。熱唱していた「リビング・フォア・ラブ」は数小節の間、歌が途切れたものの、すぐに歌いだし、何事も無かったかのようにパフォーマンスを終えた。

 予期せぬハプニングに会場のアーティストらも息を飲んだが、マドンナのプロ根性に賞賛の拍手を贈った。

 マドンナは授賞式後、ツイッターで「マントの紐がきつく結びすぎていたから脱げなかったのよ。でもワタシは大丈夫」とファンにメッセージを送った。

 授賞式では英シンガー・ソングライターのエド・シーラン(24)がベスト・アルバム賞など2部門、同サム・スミス(22)がグローバルサクセス賞など同じく2部門を受賞。米歌手テイラー・スウィフト(25)が国際女性ソロアーティスト賞、米歌手ファレル・ウィリアムス(41)が国際男性ソロアーティスト賞に輝くなど、先日行われた米グラミー賞に勝るとも劣らない盛り上がりとなった。

 ちなみに、日本ではMTVで28日午後8時から2時間枠で放送予定だ。