24
September , 2017
Sunday


ちょいワル火遊び馬券【中日新聞杯】【フィリーズレビュー】【中山牝馬S】

2015年3月13日(金)02時45分更新
Pocket

中日新聞杯(3月14日・中京11R)

遅れてきた大器、ダノンジェラードの大駆けに◎

ダノンジェラードは6歳ながら未だキャリア14戦。その戦績は5勝②着5回③着3回で馬券に絡まなかったのはGⅠ菊花賞のみ。その堅実さに加え今回は5戦4勝②着1回の2000m、7戦3勝②着3回③着1回の左回り。順調に使えるようになった今なら久々の重賞でも勝負になると見て本命◎。ここ2戦の重賞で②着③着と好調のデウスウルトが対抗○。中距離適性に目覚めた感のあるミトラがトップハンデでも単穴▲。小倉大賞典で見所あったマイネルミラノに特注★。ハンデ戦だけに△印の食い込みにも要注意。

◎ダノンジェラード

○デウスウルト

▲ミトラ

★マイネルミラノ

△ディサイファ

△ユールシンキング

△アドマイヤフライト

△サングレアル

 

フィリーズレビュー(3月15日・阪神11R)

前走④着の価値大!ムーンエクスプレス◎

阪神JFでショウナンアデラ、レッツゴードンキ、ココロノアイを向こうに回しあわやの④着と大健闘したムーンエクスプレス。しかも大外⑱番枠を克服してのものだけに価値は絶大だ。京都で1400mのレコード勝ちがあるようにスピードの裏付けもあり揺るぎのない本命◎。○ダノングラシアス、▲クイーンズリングはともにマンハッタンカフェ産駒。桜花賞の最有力馬と目されているルージュバックと同じで、前者には1400m戦を3戦3連対の距離適性、後者には新馬、500万特別連勝の勢いがある。★に岩田に乗替わるハーツ産駒コートシャルマン。

◎ムーンエクスプレス

○ダノングラシアス

▲クイーンズリング

★コートシャルマン

△ラッフォルツァート

△ペルフィカ

△スマートプラネット

 

中山牝馬S(3月15日・中山11R)

◎バウンスシャッセ、得意の距離・コースで復活!

昨年の同時期、同舞台でフラワーCを快勝しているバウンスシャッセがオークス③着後の低迷からようやく脱し復調気配にある。実績上位に加え3戦2勝の距離、同じく3戦2勝のコースと走る条件が揃っての本命◎。対抗○パワースポット、単穴▲スイートサルサの追込み2頭が当面の相手。両馬ともスローな展開になっても末脚が不発に終わるケースがない。馬場渋るようならシャトーブランシュの台頭に特注★。あとはアイスフォーリスの堅実性、ブランネージュの先行流れ込み、最軽量フレイムコードの一発、ウイングドウィールの大駆けに△。

◎バウンスシャッセ

○パワースポット

▲スイートサルサ

★シャトーブランシュ

△アイスフォーリス

△ブランネージュ

△フレイムコード

△ウイングドウィール