17
December , 2017
Sunday


話題最前線!何度でも立ち上がればいい「社長でもあるグラドル・一色亜莉沙のストロングマインド」

2015年3月17日(火)06時00分更新
Pocket

 グラビアタレントの一色亜莉沙は「もう一つの顔」を持つ。それは芸能プロダクション『K2S』の社長…代表取締役でもあるのだ。

 つい先日、『DVD争奪オーディション』でグランプリを受賞。5月29日に自身3作目のDVDを発売する事になった一色だが、浮かれている暇は無いという。

「私の本業は社長。今、在籍タレントは70人を超えました。人の夢を背負うのが芸能事務所の役割。タレントが“この世界に入って良かった”と感じてもらいたい。その為には多忙や苦労は惜しみません」と一色は真剣なまなざしで訴える。

 大学中退後、「アルバイトのつもり」でコンパニオン事務所に登録。イベントコンパニオン、レーククイーンなどを経験した後、本格的な芸能活動を開始した。

 地方テレビ局の情報番組でメーンMC、CS局の娯楽番組などレギュラー番組を担当。その後、キー局のバラエティ番組にも頻繁に出演するようになったのだ。

 ところが13年転機が訪れる。事務所の代表が一身上の都合で退社。それに呼応してマネジャーも辞めてしまったのだ。

 事務所に残ったのは一色を始めとしたタレント数名。本来ならば、移籍先を探すところだが……。

「私の事より残されたタレントの事が気になりました。大阪、北海道、岐阜など、遠方から夢を追いかけてきたタレント達がこんな形で引退していいのか――と何故か、自問自答したのです。結果、“私が出来る限り頑張ろう”となりました」(一色)

 プレーイングマネジャーとして孤軍奮闘。プレーヤーとして昨年はアイドルピットというユニットを結成。今年も5月をめどに新ユニットを作りライブデビューをするプランがある。

 決して楽では二足の草鞋にも笑顔を絶やさない。その裏にあるのは「何が何でもやってやる」という揺るぎない信念。「ストロングマインド」だろう。

『ストロングマインド』といえば、老若男女を問わず経営者に絶賛されている本がある。幸福の科学出版から発売中の書籍だ。

「たとえ失敗しても、何度でも立ち上がればいい」という帯キャッチが大受け。「人生の壁を打ち破る法」が説かれている。

同書を愛読しているという一色の心根は「ストロングマインド」そのもの。在籍タレント70名超の背景には、しっかりした根拠があるのだ。