17
December , 2017
Sunday


ちょいワル火遊び馬券【フラワーC】【ファルコンS】【スプリングS】【阪神大賞典】

2015年3月20日(金)02時30分更新
Pocket

フラワーC(3月21日・中山11R)

赤松賞勝ちに価値あり。ディアマイダーリン◎

過去10年間の当レースの勝ち馬は前走500万下が6頭、新馬、未勝利が各1頭。まさに下剋上の様相を呈しておりOP、重賞成績がほとんど反映されていない。一線級が不在ということで今年も条件勝ち組に注目。◎は赤松賞勝ちのディアマイダーリン。そこで負かしたテンダリーヴォイスが直後のアネモネ賞を勝った比較から初タイトルの資格十分とみる。○も新馬、500万特別連勝のアルビアーノ。中京のつわぶき賞差し切りが鮮やかだったティーエスクライに▲。重賞からの転戦組ではフェアリーS②着のローデットに特注★。

◎ディアマイダーリン

○アルビアーノ

▲ティーエスクライ

★ローデット

△ロッカフラベイビー

△ノットフォーマル

 

ファルコンS(3月21日・中京11R)

◎ワキノヒビキの大外強襲!

逃げ馬揃って先争激化!差し追込み決着が濃厚とみてワキノヒビキに◎。昨夏の新潟1400m、ダリア賞の直線大外一気が未だ記憶に鮮烈だ。秋の京都もみじ賞でも外強襲でアルマワイオリの②着。但しその後の京王杯2歳Sでは内ラチ沿いでもたれていたことから直線では外攻めが条件となる。○は中京2戦2勝のブリクスト。新潟2歳S⑤着の下地があり、オープン特別でも②着2回と堅実だ。単穴▲に1200m戦を連勝しているビヨンジオール。これも後方一気だが1Fの延長は好材料。重賞勝馬セカンドテーブルに★。

◎ワキノヒビキ

○ブリクスト

▲ビヨンジオール

★セカンドテーブル

△アポロノシンザン

△フミノムーン

△レイングランド

 

スプリングS(3月22日・中山11R)

大器リアルスティール、ここも通過点!

2歳王者ダノンプラチナの始動戦だが中間の動きからは8分の仕上がり。皐月賞に向けて調整に徹する雰囲気もあり今回は★まで。本命◎は新馬→GⅢを連勝したリアルスティール。共同通信杯では2戦目とは思えない立ち回りの巧さと決め手を発揮、器は相当のものでここも通過点か。○は賞金的に微妙な位置にあるブラックバゴの勝負駆け。単穴▲に新潟2歳S以来となるミュゼスルタン。こちらは休み明けでも9分以上の出来に映る。あとは京成杯勝ちベルーフと水仙賞勝ちフォワードカフェ、快調教ダノンメジャーまで。

◎リアルスティール

○ブラックバゴ

▲ミュゼスルタン

★ダノンプラチナ

△ベルーフ

△フォワードカフェ

△ダノンメジャー

 

阪神大賞典(3月22日・阪神11R)

阪神の3000mは背水の陣、ゴールドシップ。

気分次第であてに出来ないことこの上ないゴールドシップだが、競走能力そのものは現役屈指であることも確か。こと阪神コースに限れば6戦5勝②着1回とパーフェクトだけに信頼できそうだ。さらに今回は3勝無敗の距離、しかも当レース3連覇が懸かるだけに背水の陣ともいえる状況で確信の◎。昨年同様に早めに位置を取りに行くようなら相手はこれに合わせて動ける○ラストインパクトと▲カレンミロティック。逆に控えて後方からとなれば★ラブリーデイ、スズカデヴィアス、メイショウカドマツの前残り。デニムアンドルビーも3着なら。

◎ゴールドシップ

○ラストインパクト

▲カレンミロティック

★ラブリーデイ

△スズカデヴィアス

△メイショウカドマツ

△デニムアンドルビー