17
December , 2017
Sunday


G線上のホース 高松宮記念 「突然の本命変更で嵐を」

2015年3月28日(土)07時30分更新
Pocket

中京11R 高松宮記念

日曜の中京は雨予報。どの位降るかによって馬場の状況が全く変わるので、ある程度ヤマを張らなければいけません。思えば昨年の高松宮記念は泥んこの不良馬場、スプリンターズSに至っては新潟開催で最終週の上に雨模様といずれも特殊な馬場での開催でした。先週までの中京コースは基本的に前有利でしたが、土曜の最終レースでは追い込み決着。当欄では差し馬場と割り切って予想することにしました。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】サドンストーム 自信度★★★☆☆

◎サドンストーム
○リトルゲルダ
▲ローブティサージュ
△レッドオーヴァル
△エアロヴェロシティ
△ミッキーアイル
△ストレイトガール
△ダイワマッジョーレ

 土曜日の段階で中京の馬場は内側にダメージが出始めており、最終レースのマイル戦は追い込み決着。日曜日の降水でその傾向はより顕著になるはずで、かと言って昨年の様な不良馬場にはならない。つまり適度に時計が掛かり、差しが決まる馬場が出来上がる。
 迷い迷ったが推奨するのはサドンストーム。昨秋から全くの別馬になった印象で溜めると確実に脚を使える様になった。近5走は1200~1400mの距離とはいえ、スワンS4着(0.3秒差)→京阪杯2着(0.2秒差)→淀短距離S5着(0.3秒差)→シルクロードS2着(0.1秒差)→阪急杯4着(0.3秒)とほとんど差の無い競馬。しかもどのレースもこの馬向きの展開とは言い難いレースばかりだった。香港スプリントを制したラッキーナインの半弟で時計の掛かる馬場は大歓迎。そして更に強調したいのが鞍上の國分優が同馬に乗ると馬群を捌ける様になっている点も見逃せない。ハマれば頭の可能性まで有る、相手にはパワー型の牝馬3頭を。基本的に4角で好位にいる馬にとって有利なコースには変わりないのでそういう馬を重視した。馬券は単複と馬連、3連複軸1頭流しで組み立てる。

 

中山11R マーチS

【推奨馬】ベルゲンクライ 自信度★★☆☆☆

◎ベルゲンクライ
○マスクトヒーロー
▲イッシンドウタイ
△ソロル
△マイネルクロップ
△ストロングサウザー
☆ランフォルセ

 マーチSはハンデ戦なので、前走でダートでの連勝が3で止まったベルゲンクライにとって今回は斤量を背負わされないありがたいパターン。前走の総武Sは1000m通過が64.8秒という当日の3歳未勝利戦の2鞍よりも遅い超スローペース。末脚勝負の同馬にとっては目を覆いたくなる展開だった。さすがに前走以上のスローペースは考えにくいので、55キロの恵量で巻き返せる。相手も中山巧者を中心に据えてみた。馬券は配当が期待出来そうにないが、○▲を本線に馬連と馬単流し。

【若駒推奨馬】

阪神6R 3歳500万下(ダ1200m) カフジオリオン 自信度★★☆☆☆

 芝と比べダートでの成績が特化しているプルピット産駒で6年ぶりとなる芝の勝ち星を挙げたのがカフジオリオン。芝で1勝したのは奇跡に近いことだが、さすがにクラスが上がると頭打ち。今回は新馬戦で4着に敗れた以来のダートに戻るが、本質的には間違いなくダート血統。ちなみにその新馬戦で5着だったミツバはその後ちゃんとダートで勝ち上がり、条件戦でも2着した様に新馬戦の1回だけでダートが合わないと決めつけるのはいささか早計。ここは単複と8、3、6、5、1への馬連・3連複1頭流しで組み立てる。

阪神4R 3歳未勝利(ダ1400m) タイキフロンティア 自信度★☆☆☆☆

 前走は芝2000mで17着のタイキフロンティアが初ダート。母父フォーントリックはバリバリの米ダート短距離血統で母タイキガイアは現役時代にダート1200mの新馬戦で勝利。。その母タイキガイアの兄妹にはダートで7勝のタイキエニグマを筆頭に、タイキパイソン、クロフネミステリー、タイキヘリオスがおり砂適性が高い一族。父スペシャルウィークもすっかりダート寄りの種牡馬になっており、この条件替わりは少し期待が持てそう。正直ちょっと買い辛いが、ここ最近の騎乗ぶりが光る岩﨑翼と勢いの有る高野厩舎のコンビなのでそこにも期待したい。馬券は単複のみの推奨。