17
December , 2017
Sunday


デスチャが一夜限りの復活!ただし今回の主役はビヨンセではなくミシェル

2015年3月30日(月)03時27分更新
Pocket

13年のスーパーボウルで再結成した際の(左から)ケリー、ベヨンセ、ミシェル

13年のスーパーボウルで再結成した際のデスチャ。(左から)ケリー、ビヨンセ、ミシェル

 あのデスティニーズ・チャイルドが一夜限りの復活を遂げた。 “世界の歌姫”ビヨンセ(33)が中心となり、2000年代前半に人気を集めたガールズユニットだ。そのデスチャが28日、米国南部のニューオーリンズで行われた「2015年度ステラー・ゴスペル・ミュージック・アワード」に登場。ビヨンセに加え、ミシェル・ウイリアムス(34)とケリー・ローランド(34)の3人全員が顔を揃え、圧巻のパフォーマンスで会場を魅了した。

 だが、この夜の主役はビヨンセではなく、ミシェルだった。現在3人はそれぞれソロアーティストとして活躍中で、昨年リリースされたミシェルのシングル曲「Say Yes」が、同アワードのミュージックビデオ賞を受賞。同曲のビデオにはビヨンセとケリーも“友情出演”しているため、今回のステージが実現した。

 デスチャは06年に活動停止を発表し、事実上解散した。その後、13年に、米国最大のスポーツイベント「NFLスーパーボウル」のハーフタイムショーでデスチャとして出演し、1回限りの再結成を果たした。今回の顔合わせはそれ以来。

「Say Yes」の公式ミュージックビデオ。ちなみに、あの人たちの曲とは違います