20
November , 2017
Monday


G線上のホース ダービー卿CT 「昨年大外、今年最内」

2015年4月3日(金)07時30分更新
Pocket

中山11R ダービー卿CT

当コーナーではすっかりお馴染みになっているパイロ産駒。本日も1鞍推奨しています。傾向を取れば取るほど面白く、かなりクセの有る種牡馬であることは間違い有りません。今更ですが、ダートがベストで距離短縮や左回りの競馬場を得意としており、基本的に連勝もしません。こういうマイナー種牡馬の特徴を掴むと、出馬表から探し出す楽しみは勿論、収支的にも必ず助けられます。来週からはクラシックが始まりますが、平場のレースも大切にしていきたい次第です。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】カオスモス 自信度★★☆☆☆

◎カオスモス
○モーリス
▲シャイニープリンス
△クラリティシチー
△アーデント
△ブレイズアトレイル
△エキストラエンド
☆インパルスヒーロー

 昨年のこのレース2着のカオスモスが今年はめちゃくちゃな臨戦過程で参戦。近2走は共に13着と馬柱を汚してしまったが、初ダート戦と2年半ぶりのスプリント戦なので度外視していい。昨年のこのレースは厳しいペースを踏ん張って大外枠から2着。今年は土曜日の傾向からもロスなく立ち回れる最内枠は絶好と言って良い。母母父はサンデーサイレンス、母母は英オークスで4着のサンデーピクニック。アーリントンC勝ちのトーセンキャプテンを輩出しており、筋の通った牝系でマイル重賞での好走歴が有るのはうなずける。包まれたり、枠が極端だったり何かと不運が多い馬だが今回はチャンス。相手には堀厩舎への転厩で馬が変わったモーリスと、中山ならば終いの脚が違うシャイニープリンスを本線に。馬券は馬連と◎○、◎▲からの3連複2頭軸で組み立てる。

 

阪神11R 大阪杯

【推奨馬】ラキシス 自信度★★☆☆☆

◎ラキシス
○キズナ
▲エアソミュール
△カレンブラックヒル
△タガノグランパ
△スピルバーグ

 キズナは強いが過去の戦績からも取りこぼす可能性があるので対抗評価に。ロゴタイプが走る時はディープインパクト産駒を一緒に連れて来ないし、走った時はディープ産駒が来ないレースばかり。スピルバーグも全6勝が東京コースのものだけに少し疑った方が良さそう。
 中山記念でヌーヴォレコルトが牡馬相手に通用したが、そのヌーヴォレコルトをエリザベス女王杯で負かしたのがラキシス。キズナはともかく、その他の牡馬相手ならば十分に太刀打ち可能。実際に前走の有馬記念では6着に食い込んでおり、好位から自分の競馬に徹すれば結果は付いてくる。父ディープ×母父ストームキャットの配合はキズナと同配合で来るならばキズナとのセットだろう。馬券は◎○からの3連複と3連単軸2頭マルチで買う。

【若駒推奨馬】

阪神10R マーガレットS(芝1400m) マリオーロ 自信度★★★★☆

 近3走4着続きとストレスが溜まる競馬が続くマリオーロが適鞍を求め阪神へ。3走前のひいらぎ賞は直線で外に出すタイミングが遅れ、2走前のジュニアCは引っ掛かり直線で競り負け、前走の黄梅賞は直線で前が詰まって追えず終い。中山マイルから馬場が広い阪神1400mに変わる今回は絶好の狙い時。母父ファルブラヴも産駒の非根幹距離成績が良く、もう一押しが可能。馬券は単勝と馬連で4、8、1、5へ流す。

阪神3R 3歳未勝利(ダ1400m) スリーシスターズ 自信度★★★☆☆

 初出走のパイロ産駒スリーシスターズを買ってみたい。そもそもパイロの繋養先はダーレー・ジャパンで、そのオーナーがドバイの王族シェイク・モハメド氏。必然的に質の高い繁殖との配合が期待出来るので、走るパイロ産駒もダーレー・ジャパン・ファーム生産の馬が多いのは言うまでもない。実際にシェイク・モハメド氏所有のパイロ産駒の3歳馬の成績は凄いことになっており、スキースクール(2勝)を筆頭に1勝馬のスモーダリング、シンダーズ、スカーボロフェアを輩出している。その他の2頭にも2着経験が有り、【ダートを使われた馬】に限定すると全6頭全てが馬券に絡んだ事がある。スリーシスターズは初出走だから買わないじゃなく、初出走だからこそ飛び付いておきたい。馬券は単複と馬連、3連複で組み立てる。相手は11、6、2、7、8、9の順。