23
August , 2017
Wednesday


大人も大満足!格上の春パフェ「マルコリーニ ショコラ フレーズ パフェ」~磨由子のグルメ散歩~

2015年4月11日(土)10時58分更新
Pocket

 高級チョコレートブームが押し寄せる直前の2001年冬、銀座にオープンしたこの店でメニューを開いた私は、口がアングリしてしまったのを覚えている。確か、その当時で1500円前後したと思う。しかも、思い切って頼んだチョコレートパフェは、なんともお上品なボリューム 。

 失意の中の一口目、今度は目を見開いた。ビロードのようになめらかな舌触りのチョコレートソース、スッキリとしてほろ苦いチョコレートアイス・・・、どれをとっても想定をはるかに超えた高いレベル!

 そのニクいヤツを再び味わうべく席に腰を下ろした、はずだったのに、たまたま目に入ったキュートなパフェに心を奪われ(いつもながら意志薄弱)、結局、注文したのは「マルコリーニ ショコラ フレーズ パフェ」。苺メインのパフェだ。毎年、バージョンを変えてこの時期だけ登場するのだそう。

 今年のそれは、苺アイスに苺ソース、チョコレートソースもガッツリ。ガナッシュと生クリーム、ハート型のチョコがあしらわれていて、グラスの底にはウエハース代わりのサクサクなメレンゲが2つ。これまた苺味と気がきいている。頂きにはモチロン、燦然と輝く一粒苺。

 「ピエール マルコリーニ」のパフェは、どれも派手過ぎず構成要素の全てがきちんと美味しい。これだってチョコもののカカオ感はどれも極上、ソースはやはりビロードだし、ガナッシュはフワッフワ&しっとり。苺のアイスとソースは苺の良さが凝縮。それでいて、全体に輪郭がやさしい味わいなのがベルギー的。なんというか、ガッカリする点が1つもない!大人向けのパフェってこうであって欲しい。

 日本で唯一カフェを持つ銀座本店が、ビルの老朽化のために12月まで休業するという。それまでお預けになってしまうとわかって急にチョコレートパフェが恋しくなったのだけれど、それはまたリニューアルのお祝いにとっておくことにしよう。で、春にはまた苺の方も、ということで。

 

※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

 

東京都中央区銀座5-5-8 03-5537-0015 東京メトロ 銀座駅(P無) 「マルコリーニ ショコラ フレーズ パフェ」 1620円

<a style=”color: #0000ff; text-align: left;”
大きな地図で見る