23
August , 2017
Wednesday


G線上のホース 皐月賞 「本当の敵は自分自身」

2015年4月18日(土)08時30分更新
Pocket

中山11R 皐月賞

先週の桜花賞はやはり馬場がレース結果を大きく左右する形になりました。「良」に回復してくれたおかげで推奨馬を含むディープインパクト産駒が好走し、スローペースにハマってしまったルージュバックは馬群に沈みました。皐月賞の舞台となる中山の馬場はここ数週、外からの「差し」、「追い込み」が決まりまくっています。スピリッツミノルの単騎逃げがほぼ確実で、ペースはスロー濃厚ですが今週も馬場にこだわった予想を展開出来ればと思います。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ベルーフ 自信度★★★☆☆

◎ベルーフ
○リアルスティール
▲ドゥラメンテ
△ブライトエンブレム
△サトノクラウン
☆ダノンリバティ
☆ダノンプラチナ
☆ミュゼエイリアン

 スプリングSのレースを見て、想像していた以上に上手に立ち回っていたのがベルーフ。その鞍上(当時は川田)のレース後のコメントが印象的だった。「4コーナーまでスムーズに競馬ができたんですが、直線に向くと上ずって、自分で走るのをやめてしまう感じでした」。今回はブリンカーを装着するが結果に繋がるかは正直分からない。
 そもそもベルーフはデビューからの4戦一貫して2000mのレースを使っていたのにも関わらず、前走は距離短縮となるスプリングS(1800m)を使った。先に触れたが、それでもレース自体は上手に立ち回り、直線で真面目に走っていれば突き抜けていた可能性さえ有った。ここ2週ですっかり差し・追い込みが決まる中山コース。皐月賞と同コースの京成杯を外から追い込んで勝利しているのは見逃せない。そして血統の奥深さが決め手。4月12日(日)の2000m戦(5R)は2着ハービンジャー産駒、3着ステイゴールド産駒。4月5日(日)の2000m戦(5R)では1着ステイゴールド産駒、2着ハービンジャー産駒だった。ベルーフの父はハービンジャー、母レクレドールはステイゴールドの全妹でまさにこの春の中山2000mに最適の配合。初年度産駒を重賞勝ちで皐月賞に送り出すのは2009年のネオユニヴァース以来で、その時は同産駒のアンライバルドが勝利している。ちなみにステイゴールド自身も気性難と口向きの悪さをブリンカーとハミで矯正した過去が有り、当時の助手がベルーフを管理している池江泰寿調教師だったことも忘れずに挙げておく。
 相手にはトライアルでの末脚が強烈だったリアルスティールとトライアルをスキップしたドゥラメンテの成長力に期待する。この2頭を一応の本線に据えるが△2頭もほとんど差が無い。馬券の組み立ては工夫して、単複を本線に馬連で○▲△へ流し、3連複フォーメーションで◎→○▲△△→印各馬の組み合わせも付け加える。

【若駒推奨馬】

中山3R 3歳未勝利(ダ1200m) パイロスター 自信度★★☆☆☆

 今週のパイロ産駒。福島2Rに出走するプラントアゲインの初ダートを心待ちにしているのだが、今回も芝のレースで見送り。デビュー戦で3番人気だったパイロスターはダート1800m戦で14着の大敗。ただレースぶりを見る限りでは楽に好位に付けられた上に、ペースが落ち着いてからは行きたがる素振りを見せており、明らかに短距離でパフォーマンスが向上する要素を秘めていた。人気が落ちるならばしめたもので今回の距離短縮での一変を見込んで買う。馬券は単複を本線に馬連流しで組み立てる。相手は14、13、11、7、1の順。

福島3R 3歳未勝利(ダ1700m) クアッドアクセル 自信度★☆☆☆☆

 こんな日にローカルの未勝利戦を自信度★で推奨するのは気が引けるが、それだけ個人的に推奨出来る馬が少ないと考えて頂ければ幸い。クアッドアクセルは初ダートとなる2走前から着実にレースぶりが良化中(8着→4着)。末脚勝負に徹するタイプで中山ダート1800mは正直しんどいコース。マクりの連対率が約4割の福島ダート1700mに変われば、仕掛け所のタイミング1つで頭まで見えてくる。すっかり成績が落ち込んでいるマーベラスサンデー産駒だが、芝よりも中距離のダートで買ってこそ妙味あり。馬券は単複のみの推奨。

中山1R 3歳未勝利(ダ1200m) カナリ 自信度★☆☆☆☆

 久々のレースだった前走(5着)が好内容だったカナリ。直線で失速したものの、逃げる形に持ち込めたのは大きな収穫。母母ナイスレイズはフェブラリーSを含むダート重賞3勝のメイショウボーラーを輩出しており母系は活力十分。レース慣れが見込める上に、初ダート馬が注目を集めそうで人気の盲点になる今回は間違いなく買い時。馬券は単複と馬連・ワイドで7、11、8、1、14へ少額流す。