19
August , 2017
Saturday


オスカー女優サンドラ・ブロック(50)が「世界で最も美しい女性」に

2015年4月23日(木)03時16分更新
Pocket

ピープル誌の「世界で最も美しい女性」特集で表紙を飾ったサンドラ

ピープル誌の「世界で最も美しい女性」特集で表紙を飾ったサンドラ

 米芸能誌「ピープル」による2015年の「世界で最も美しい女性」にオスカー女優サンドラ・ブロック(50)が選ばれた。知らせを受けたサンドラは、同誌担当者に「ウソ?ホント?それ面白すぎ」と反応した。

 5歳になる息子の母でもあるサンドラは“女性の美”について、「母親としての時間が、女性をより美しくするのかも」と語った。

 これまでもサンドラは、同誌による「世界で最も美しい50人」に1996年と99年に選出されている。

 しかし「本物の美というのは外見からだけじゃ見えないもの」と言うサンドラ。その言葉通り、誠実な人間性についても、ハリウッドで絶賛されている女優だ。その理由のひとつが社会貢献。

 2001年の米同時多発テロや、米国南部を直撃した05年のハリケーン・カトリーナ、30万人以上が死亡した10年のハイチ地震の救援のためなど、世界各地で大災害が起きるたび、100万ドル(約1億2000万円)単位で寄付を続けている。

 11年の東日本大震災でも、ハリウッド女優の中で真っ先に100万ドルの義援金を送っている。

 また、10年に米アカデミー賞をもじって“サイテーな映画や俳優”に贈られるゴールデンラズベリー賞で、最低女優賞の受賞が決まった際、誰もが欠席する授賞式に、まさかのサプライズ出席。主催者や観客から喝采を浴びた。

 壇上には、受賞対象作品「ウルトラI LOVE YOU!」のDVDを満載したリアカーを引いて登場。「あなたたち映画観てないでしょ。DVDをプレゼントするから、よく観てから判断しなさい」とスピーチし、会場を爆笑させた。