17
November , 2017
Friday


◎血統予想 【東京11R・フローラS】【京都11R・マイラーズC】【福島11R・福島中央テレビ杯】

2015年4月25日(土)08時16分更新
Pocket

【東京11R・フローラステークス】

 ルージュバックが1番人気を裏切ったとはいえ、桜花賞には3頭を送り出し牝馬の当たり年といえるマンハッタンカフェ産駒のシングウィズジョイが◎。母シングライクバードは博多Sなど5勝でフラワーC3着。祖母シングライクトークは阪神牝馬S、マーメイドS各2着。そして曽祖母フリートークはクイーンSなど2重賞を制し、桜花賞3着、オークス4着という一流馬。さらに祖母の産駒にフラワーC3着のセイレーンズソング、4代母の孫に阪神牝馬S3着のスナークスズランと牝馬の活躍馬が目立つ牝系だ。ニシノフラワーの半妹。そこに父ヨハネスブルグとくればやはり1200mがベストだろう。2歳時のクリスマスローズS以来の勝利だ。

◎シングウィズジョイ
○ディアマイダーリン
▲アドマイヤピンク
△マキシマムドパリ
△アスカビレン
△フロレットアレー

 【京都11R・マイラーズカップ】

◎フィエロ
○フルーキー
▲エキストラエンド
△シャイニープリンス
△ディアデラマドレ
△レッドアリオン

 【福島11R・福島中央テレビ杯】

◎ラインミーティア
○ローズミラクル
▲モーニングコール
△ヤサカオディール
△サビーナクレスタ
△ブルジュオン