17
December , 2017
Sunday


G線上のホース ヴィクトリアマイル 「初勝利からまだ8ヶ月」

2015年5月16日(土)07時55分更新
Pocket

東京11R ヴィクトリアマイル

先週は「買いたい馬」が少ない上に強引に推奨したせいも有り、結果を残せませんでした。毎週競馬を買っている方は分かるかと思いますが、あるレースのAという馬と、違うレースの馬Bを比較した際に「来る確率が低いと思うA馬」より、「来る確率が高いと思うB馬」の方がオッズが高い時が有ります。競馬で勝つには出来るだけB馬の様な馬をいかに多く見つけられるかに掛かっていると思います。本日のヴィクトリアマイルも決して無謀な穴狙いではありませんので参考にして頂ければ幸いです。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】タガノエトワール 自信度★★★☆☆

◎タガノエトワール
○ヌーヴォレコルト
▲レッドリヴェール
△ディアデラマドレ
△カフェブリリアント
△スイートサルサ
☆メイショウマンボ
☆ストレイトガール
☆ハナズゴール

 初勝利が昨年の9月でそこからローズS2着→秋華賞3着と一気に階段を駆け上がったのがタガノエトワール。いずれのレースもヌーヴォレコルトとは0.2秒差だった。そこから3戦は牡馬混合の準オープンばかりを走っていたことも有り結果を残せなかったが、前走でようやく2勝目。それまで後方一気でしか競馬が出来なかった同馬がハイペースを好位から押し切る完璧なレースだった。「あの形で競馬が出来れば…」の条件が付くが、距離ロスの少ない最内枠を最大限に活かせるチャンス。イケイケで使っていた昨秋とは違い、状態面と成長面の双方からも期待出来る。ノーザンテースト×トニービン×サンデーサイレンスにキングカメハメハと近代日本競馬の歴史が詰まっている好配合。はっきり言って上位人気馬と大きな力差は無く、馬券も非常に組み立てやすい。単複と△までの印各馬への馬連、そして印各馬への3連複軸1頭流しが大本線。

【若駒推奨馬】

東京10R 青竜S アポロケンタッキー 自信度★★★★☆

 アキトクレッセント、ノボバガラ、トゥルッリあたりが先団を形成する展開で早仕掛けが濃厚なレース。ここは先述の馬たちを軽視し、後ろから上がりが使える馬を重視したい。左回りも東京コースも初だがアポロケンタッキーが面白い。ここまでダート4戦の上がり3Fは(1位→1位→2位→3位)と安定した末脚が最大の長所。母父ゴーンウエスト、母母父ソルトレイク(父デピュテイミニスター)と母系は勿論、父ラングフールは米8F、7FのGI馬。鞍上もこの馬の為の東上で、あれこれ考えずにブン回せば届くはず。馬券は単複と馬連で4、3、7、1へ流す。

東京5R 3歳未勝利(芝2000m) アキトプレスト 自信度★★★☆☆

 初出走のステイゴールド産駒レアリスタは3歳で安田記念を制したリアルインパクトの半弟。調教過程も抜群でここはいきなり勝ち負け出来るはず。当然、馬券は買うがその馬のおかげで人気の盲点になっているのがアキトプレスト。初ダートの前走は13着に大敗したが、2走前の芝2000m戦では0.2秒差の4着。しかもそのレースの勝ち馬リアンドジュエリーは既に2勝目を挙げており、同レースの3、5、6、10着馬がその後に勝ち上がっている高レベルレース。芝に戻ればまず好走を期待出来るここには、前走2着馬が2頭に初出走で良い走りを見せたヌーナもいるので美味しい人気。馬券は単勝と6への馬連一点、3連複は3・6の2頭軸でで1、11、8、10へ流す。

新潟3R 3歳未勝利(ダ1800m) ワイルドモンスター 自信度★★☆☆☆

 母母オースミハルカは重賞4勝、エリザベス女王杯2年連続2着の実力馬。ただ産駒はなぜか芝ではなくダートで実績を残しており、オースミイチバンは交流重賞2勝、3歳馬オースミラナキラもダートで勝ち上がっている。ワイルドモンスターの母オースミアザレアはそのオースミハルカの初仔。現役時代には全く活躍出来なかったが、近親から今回の初ダートで一変の可能性を秘めている。芝で不振でも、強敵が見当たらないここならばチャンスは十分。馬券は単複と馬連、3連複で組み立てる。相手は5、10、11、1、4、1の順。