25
September , 2017
Monday


北川景子はナゼ女性の憧れを一身に受けるのか?

2015年5月20日(水)10時30分更新
Pocket

    歌手・DAIGOとの真剣交際が伝えられている北川景子に芸能評論家・肥留間正明氏は大絶賛。「美人であるのに本格派」と手放しで褒めるのだ。

 モデル出身でありながら女優としての幅が広い事で知られている北川。昨年、公開された『抱きしめたい―真実の物語―』の好演は映画関係者からも高い評価を受けたほど。

「彼女は正直、これといった代表作が無い。本来なら本格派女優には致命的ですが、それを逆手に取るのが北川の強み。つまり、あれだけの美人でありながら、どんな役も巧妙にこなすテクニックを持っている。これは米倉涼子でも真似が出来ません」(肥留間氏)

 確かに北川は木村拓哉主演の『HERO』(TBS系)は始め、『謎解きはディナーのあとで』『悪夢ちゃん』となど数多くのテレビドラマに出演。映画にも積極的に出演しており、前述の『抱きしめたい~』『花のあと』『ジャッジ!』…とバラエティ豊かな役を演じている。

 さらにプライベートでも大物ぶりを発揮。真剣交際が伝えられているDAIGOに関してもオープンな姿勢を見せているのだ。

「今年1月、国産車のCM会見でマツコ・デラックスと本木雅弘から“ウィッシュ”とDAIGOを意識させる突っ込みを北川は受けたのですが、見事に笑顔で切り返した。以前に交際していた山下智久の時もそうでしたが、マスコミ報道に動じない。ここが彼女の凄いところですね」とはスポーツ紙記者だ。

 ノリに乗っている北川だが彼女の潜在意識は一体、何を考えているのだろうか――。そんな中、このほど幸福の科学出版から北川の守護霊が本音を明かした書籍が発売。『女優・北川景子 人気の秘密』がそれだ。

 同書で北川守護霊は《パンチ力のあるメイクと知性を求めている感じが何となく「女性の憧れ感」なのかなあ。》と“本音”を吐露。まさに潜在意識からプロ魂の持ち主。肥留間氏の見立ては間違っていない様だ。