17
December , 2017
Sunday


G線上のホース 東京優駿 「競馬に絶対は無い…が」

2015年5月30日(土)08時45分更新
Pocket

東京10R 東京優駿

いよいよ今週は3歳馬の頂点が決まるダービーです。今年は穴党の出番が無さそうな気がしていますが、詳しくは予想欄をご覧下さい。そして来週にはもう2歳戦が始まります。【若駒推奨馬】欄では来週以降2歳戦を積極的に取り上げますが、まだまだレース数が少ないので3歳未勝利戦や注目3歳馬も取り上げていく予定ですのでどうぞご期待下さい。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】リアルスティール 自信度★★★☆☆

◎リアルスティール
○ドゥラメンテ
▲サトノクラウン
△ミュゼスルタン
△サトノラーゼン
△ポルトドートウィユ
△ミュゼエイリアン
☆タガノエスプレッソ

 今年のダービーははっきり言ってしまえば、買うレースではないのかもしれない。その位に誰がどう見ても皐月賞の上位組が抜けている。何とか穴馬を見い出し、人気馬を嫌う要素を探したいのだが重箱の隅をつつく様な予想になってしまう可能性が高い。近年ダービーと来る馬がリンクしている先週のオークスはディープインパクト産駒が1、3着。キングカメハメハ産駒が着外に終わっているが…。
 皐月賞の1、2着馬を素直に信頼する。ドゥラメンテは乱暴な競馬で驚異的な末脚を使ったが、あれだけ強かったら逆に中山向きと考えることが出来るかもしれない。後は勝った気性が当日にどう出るか。リアルスティールに負けている東京に舞台が変わるので逆転の可能性は大いに有り得る。本命のリアルスティールはいかにもダービーを目標にしたローテーション。皐月賞も直線では完全に抜け出しており、後続にも差を付けていた。折り合い面での不安が無いだけに、距離も全く問題が無い。2頭の間に割って入る可能性が有るとすれば、皐月賞の4角で僚馬から致命的な不利を受けたサトノクラウン。あの展開で6着まで追い上げたのだから恐れ入るし、中山→東京替わりも大歓迎。基本的にはこの3頭でどうしようもない。馬券を買うならば◎→○▲→○▲への3連単2点に分厚く、か◎→○▲→印各馬へ手広くで良いと思う。
 それではつまらない…という方に薦めたいのがタガノエスプレッソ。父ブラックタイドはディープインパクトの全兄。母父キングカメハメハなので血統的にはJC2着のデニムアンドルビーの酷似している。母母父トニービンまで考慮に入れると、同世代の2戦2勝馬キロハナ(骨折で離脱)と全くの同配合。ブラックタイド産駒は昨年のダービーでマイネルフロストが3着。東京2400m戦で嫌う要素は1つも無い。皐月賞では消極的な競馬をしてしまったせいで、4角の不利を受ける形になった。枠順が大外で無ければ、もっと積極的に推せたのだが…。人気も人気なので3連複や3連単の3着付けならば入れておいても。

東京12R 目黒記念

【推奨馬】メイショウカドマツ 自信度★★☆☆☆

◎メイショウカドマツ
○ダービーフィズ
▲マイネルメダリスト
△ニューダイナスティ
△ステラウインド
△レコンダイト
△ムスカテール

 毎年書いているが、ダービーの余韻が残る中での重賞レース。例え、ダービーで良い結果が出なかったからと言って無理な逆転手を打たないことが望ましい。
 推奨するのはメイショウカドマツ。1年9ヶ月の休み明けから4戦目になるが、既に2走前に東京2400mで逃げ切りを決めている。前走の阪神大賞典はさすがに家賃が高かったか4.1秒差の9着と惨敗したが、内のスズカデヴィアスとやり合う形になったのが大きかった。今回は楽に行き切れる組み合わせなので、前走を度外視して巻き返しに期待。ダイワメジャー産駒は2000m超えの重賞で連対実績は無いが、同馬は13年のダイヤモンドS(3400m)の3着が有るのでそこまで心配する必要は無い。馬券は単複と馬連流しで組み立てる。

【若駒推奨馬】

東京6R 3歳500万下(芝1400m) ボルゲーゼ 自信度★★☆☆☆

 母ラルケットは現役時代4勝の内1400mで2勝。「ファルブラヴ産駒は牝馬が走る」という格言が有るが、ここまで同産駒の獲得賞金で牡馬は20位にならないと出て来ない(それ以外は牝馬とセン馬)酷い状況。まだ繁殖牝馬自体少なくサンプルが無いが、母の父としてハープスター・カオスモス・マリオーロを輩出しており、今後は少し注目しておきたい。ボルゲーゼに母の血が強く出ているならば、今回の1400mの短縮は良い方向に出そう。前走のマイル戦は相手も強かったが、スローペースの上がり勝負では分が悪かった。積極的な先行策で見直したい。馬券は単複と馬連・ワイドで13、8、9、11、4へ流す。

東京4R 3歳500万下(ダ1400m) マラケシュ 自信度★★★☆☆

 本当に買いたい馬は説明が少なくて済む。父ヴァーミリアン、母父ゴールドアリュールの馬が初ダート。父と母父はダートGIで合計13勝というウルトラダート配合。馬格も有り、鞍上からも期待十分。メンバーの揃わない牝馬限定戦ならばイキナリでもかなり楽しめそう。馬券は単複のみの推奨。