23
August , 2017
Wednesday


「海岸に巨大津波が!?」米国・東海岸で発生した見た目は恐怖の自然現象

2015年6月4日(木)02時59分更新
Pocket

ライフガードが撮影し、ツイッターで公開した霧堤

ライフガードが撮影し、ツイッターで公開した霧堤

「巨大津波に飲み込まれる寸前の海岸」にしか見えない恐ろしい画像が今週、ツイッターで話題になっている。実はこれ、まれに発生する「霧堤」や「霧峰」と呼ばれる自然現象で、海上で層雲状にかかる濃霧のことなのだ。

 そんな見事な霧堤が今週、米国・ニュージャージー州シーガートの海岸に出現した。海岸にいたライフガードが撮影し、ネット上で公開したもの。

 地元の気象観測所によると「冷たい海水の上に圧縮された暖かい空気が入ったために発生した」としている。

 日本でもたまに、東北などの太平洋岸で発生する。この霧の壁の中に入ると一寸先も見えなくなるそうだ。