18
October , 2017
Wednesday


アリアナ・グランデ 別れたビッグ・ショーンの「元カノ」呼ばわりに怒り

2015年6月8日(月)02時39分更新
Pocket

「ワタシは誰のモノでもない!」と訴えたアリアナ

「ワタシは誰のモノでもない!」と訴えたアリアナ(@arianagrande/instgram)

 米アイドル歌手アリアナ・グランデ(21)が、いつまでも米人気ラッパー、ビッグ・ショーン(27)の「元カノ」と呼ばれることにアタマにきているらしい。ソーシャルメディアでアリアナは「ワタシは誰のモノでもない!」と訴え、「アリアナは誰々の…」という表現に反発している。

 アリアナとビッグ・ショーンは4月に破局。米芸能サイト「TMZ」によると、決定的な原因は、ビッグ・ショーンが自身のラップの中でアリアナのアソコを「10億ドルのプッシー」と歌ったことだった。

 あまりに露骨で下品な表現に嫌気がさしたアリアナは、ビッグ・ショーンと別れることを決めたという。

 その直後、ジャスティン・ビーバー(21)がアリアナの公演にサプライズ出演したりし、「新たな恋の始まり?」などと芸能メディアが色めきたったが、どうやら「ただの仲良し」ということらしい。

 一方、英紙「ザ・サン」は先週、英ボーイズグループ、ワン・ダイレクションのナイル・ホーラン(21)と交際か?と報じたが、当のアリアナは同紙に「女の子はチ○コのついてる人とも友達になれるわ」と言い放ち、交際については否定した。