21
October , 2017
Saturday


役にたたない英語おせーたる(82)今週も庭いじり

2015年6月13日(土)09時00分更新
Pocket

 先週に続き、今週もgardening(庭いじり)。隣近所に触発されたわけではないが、うちも庭をいじってみることにした。というか、うちの場合はout of necessity(必要に駆られて)と言ったほうがいいかもしれない。

 一部のsod(芝)が根付かず、茶色になって死にかけていた。”It will come back.”(よみがえるよ)と言われ、せっせと水をやり続けたが、ほかは青々としているのに、その部分にはまったく緑が戻らない。季節はずれに暑い日が数日続いたのと、そこは南側で一日中太陽を浴びるため、水やりが追いつかなかったのかもしれない。

 このまま茶色にしておくのも忍びない、ということで、変色した芝をタイヤの廃材でできたレンガを模したlandscape edging(菜園用の縁)で囲い、そこにtop soil(表土)とgarden soil(庭土、肥料が入っている土)を注ぎ込んで、garden(菜園)にしてみた

 …と言うのは簡単だが、これで週末がつぶれるほどの重労働だった、ようだ。上記はすべてパートナーの仕事。

 そもそも菜園用の縁をspike(大釘)で地面固定するのが至難の業。なんせ、土壌はgravel(砂利)混じりで、spikeを打ち込もうにも、石に当たってなかなか地中に沈まない。

 それでも、なんとか菜園用の縁を設置した次は土の調達である。トラックを持ち合わせていないため、パートナーはnursery(園芸店)でトラックをレンタルし、何袋もの土を購入して運んできた。土代よりレンタル料のほうが高くついた。

 パートナーが肉体労働に精を出しているころ、私はいくつか園芸店を回ってplants(苗)を仕入れた。帰宅したころには、庭ができあがっていて、早速、plantsを植えてみた。

 顔ぶれは、プチトマト2種類、普通のトマト2種類、イタリアントマト1種類、甘系ピーマン3種類、普通のピーマン1種類、カリフラワー、ブロッコリー、セロリ、キュウリ、パセリ、ディル、バジルである。少々、gardenは混雑しているが、緑のplantsが植わって見栄えがよくなった。野菜が育って、トマトの赤やピーマンの緑、黄色、カリフラワーの白などの色が加わると、さらによくなるだろう。

 これから成長が楽しみだ~。