23
August , 2017
Wednesday


G線上のホース マーメイドS 「裸同然」

2015年6月13日(土)06時50分更新
Pocket

阪神11R マーメイドS

先週の新馬戦は4鞍全てで1番人気が勝てませんでした(土曜日も2鞍共に勝てず)。これが新馬戦の難しさなのか、追い切りや血統だけでは判断しきれない、まさに「フタを開けてみないと分からない」のが2歳戦なのだと改めて認識出来ました。中央場所も残り3週で良血馬も続々デビューする予定なので、その辺りの取捨選択が上手に出来ればと思います。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】アースライズ 自信度★★★☆☆

◎アースライズ
○リラヴァティ
▲バウンスシャッセ
△シャトーブランシュ
△マリアライト
△イリュミナンス
△ウインプリメーラ
☆カノン

 離された4着とは言え今年のオークスで好走したアースライズがハンデ重賞で49キロ。このレースに出走する3歳馬がただでさえ少ない上に、同年のオークスで掲示板に載った馬が出走した例は近10年で1度も無い。マイル以下で1度も馬券に絡めていない戦歴からも明らかに中距離指向。3歳世代の明確なレベルの判断はまだ出来かねるが、世代トップのレースで4着というのは紛れもない事実。他馬との力関係以前に圧倒的に有利な条件でこのレースに臨め、今回もまず上位争い。相手にはタフな流れに強く距離が延びてこそのゼンノロブロイ産駒リラヴァティとバウンスシャッセを中心に据えたい。馬券は単勝と馬連・馬単で組み立てる。

東京11R エプソムC

【推奨馬】ユールシンギング 自信度★★☆☆☆

◎ユールシンギング
○サトノアラジン
▲ディサイファ
△フルーキー
△エイシンヒカリ
△ヒラボクディープ

 血統的にはディープ軍団vsフルーキーという構図で正直、馬券で儲けるのは少し難しい感じがするレース。2年ぶりに東京コースを使うユールシンギングで一角崩し。そもそも東京成績は(1.2.1.0)と着外は1度も無く、同馬のベストパフォーマンスは昨年の新潟大賞典でコース形態は同じ直線の長い左回り。今回はチークピーシーズを初着用するので、近走の様な位置取りだけで終わっているパターンは無いだろう。他馬が意識する分、エイシンヒカリが引っ張る流れが味方する可能性が有る。サトノアラジンは折り合い面が課題だっただけに距離を短くしたのが正解。マイル路線で順調ならば良い所まで行ける器。逆にエイシンヒカリは3走前に左回りで大きく逸走しているので少し割引きが必要。馬券は馬連と3連複軸1頭流しで勝負する。

【若駒推奨馬】

東京6R 2歳メイクデビュー(芝1600m) マシェリガール 自信度★☆☆☆☆

 先週は東西で1番人気のダイワメジャー産駒(トウショウジャイロ、スターオブペルシャ)が人気を裏切る形に。このレースは今年のNHKマイルC1番人気グランシルクの半妹クードラパン、12年のオークス3着馬アイスフォーリスの半妹リリカルホワイト、母が4勝馬のジュアンアリエの3頭がダイワメジャー産駒。それならばちょっと疑ってみても面白そう。
 推奨するのはトーセンファントム産駒のマシェリガール。トーセンファントムは現役時代に4戦2勝ながら大きな故障の為に早期引退を強いられたネオユニヴァース産駒。産駒は基本的にトーセンのオーナー所有なのだが、今年からその「トーセン」の冠を使わなくなったから少々ややこしい。それでも先週の新馬戦(1600m)では同産駒のブレイブスマッシュが堂々の2着。今週も同じ条件の新馬戦ならば好走のチャンスは十分。馬券は単勝と馬連で相手は8、13、10、3、1の順。

東京5R 2歳メイクデビュー(芝1800m) ジュンレンパ 自信度★★☆☆☆

 新種牡馬ワークフォースの産駒は先週の新馬戦(1400m)でダイワダッチェスが2着と幸先の良いスタート。ワークフォースと言えば2010年の凱旋門賞でナカヤマフェスタを2着に退けた馬と言ったら伝わりやすいが、同年の英ダービーも制している様に典型的な長距離砲。父系にキングマンボ、母系にはサドラーズウェルズといかにも三振かホームランみたいなイメージの血統構成。ただ先週の産駒の走りを見る限りでは、イメージに反してスピード負けすることは無さそうで、それなりに勝ち上がれるはず。根本的には短距離よりも中距離向きか、小粒なハービンジャー産駒の様なイメージでしばらくは扱ってみたい。
 森厩舎の新馬が意欲の2週連続東上。3勝馬ノーブルジュピターの半弟にあたるジュンレンパは母父アドマイヤベガ。ワークフォース産駒が2頭出走するが、母系にサンデーサイレンスが入っているこちらを上位に取りたい。相手は11、12、7、9の順。馬券は馬連と馬単で組み立てる。