25
November , 2017
Saturday


英国航空機内で昨年大暴れしたパリスの弟コンラッド・ヒルトンに有罪判決

2015年6月17日(水)03時00分更新
Pocket

750時間の社会奉仕活動が命じられたコンラッド(@conradhilton/instagram)

750時間の社会奉仕活動が命じられたコンラッド(@conradhilton/instagram)

 昨年7月、ロンドン発ロサンゼルス行き英国航空機の機内で、周りの乗客を「田舎者」などと罵り、客室乗務員を「殺すぞ」などと脅したとして逮捕されたパリス・ヒルトンの弟コンラッド被告(21)の判決公判が現地時間16日、ロスの裁判所で開かれ、有罪判決が言い渡された。

 裁判所は被告に対し、5000ドル(約61万7000円)の罰金と、750時間の社会奉仕活動を命じた。3月の公判で被告は有罪を認めていた。

 判決公判で被告は、機内で起こした騒動について関係者に謝罪し「二度とこんな事はしません」と誓った。

 と、この件については落着したものの、実はコンラッド、別の事件でも被告の立場だった。

 機内での騒動からひと月たった昨年8月、カリフォルニア州リバーサイド郡で愛車のBMWを暴走させ、パトカーに追われた末に別の車両に激突。危険運転などで逮捕・起訴された。その際、手を骨折する大けがを負った。この事件についても近々、判決が下される。