23
November , 2017
Thursday


“人知れず”熱愛交際していたシャーリーズ・セロンとショーン・ペンが破局

2015年6月18日(木)03時20分更新
Pocket

同じ年に米アカデミー賞主演男優賞と女優賞を獲得した(@telemundoent/instagram)

同じ年に米アカデミー賞主演男優賞と女優賞を獲得した(@telemundoent/instagram)

 ゴシップだらけのハリウッドでさえも「え~、そうだったの!?」と、あまり知られていなかったのが、南アフリカ出身の女優シャーリーズ・セロン(39)と米俳優ショーン・ペン(54)の交際だ。実は、そんな2人は “人知れず”破局していたというから、これまたびっくり。複数の米芸能メディアが報じた。

 2人の交際は2013年ころから始まり、シャーリーズがその前年に養子縁組した息子と一緒に出かける姿がたびたび目撃されていた。2人が最後にツーショットで公の場に姿を現したのは先月、カンヌ国際映画祭のレッドカーペットだった。

 シャーリーズと言えば、ハリウッドきっての美女。だが、その美貌のみならず、演技派であることも実証済み。実在した連続殺人鬼の女を描いた「モンスター」(03年)では、役作りのため、体重を13キロ増やして体当たり演技。狂気あふれる名演で米アカデミー賞主演女優賞に輝いた。

 一方のショーンは1985年、大ブレーク中の歌手マドンナ(56)と結婚するも、4年後に離婚。96年に米女優ロビン・ライト(49)と再婚したが、10年に離婚している。その間、低迷した時期もあったが、03年の「ミスティック・リバー」で同アカデミー賞の主演男優賞を獲得。奇しくもシャーリーズが受賞したのと同じ年だった。

 また、自らゲイであることを公表した実在の政治活動家の生涯を描いた映画「ミルク」で、2度目の同賞を受賞した。

 2人は今年春になってようやく互いの存在について、芸能メディアのインタビューで語り始めたばかりだった。破局理由はまだ明らかになっていない。