20
August , 2017
Sunday


◎血統予想 【東京11R・ユニコーンS】【函館11R・函館スプリントS】【東京10R・芦ノ湖特別】

2015年6月20日(土)04時38分更新
Pocket


【東京11R・ユニコーンステークス】

 UAEダービーでは離されたとはいえ3着と健闘したゴールデンバローズ。3戦3勝の東京ダート1600m戦なら負けられない。父のタピットはいま米国で最も勢いのある種牡馬で、昨年はスマートストライクの北米年間獲得賞金レコードを更新。初のリーディングサイアーに輝き、今年の種付け料は前年から倍増の30万ドルとなった。プルピット~エーピーインディ~シアトルスルーとさかのぼるアメリカ競馬の象徴的父系。ゴールデンバローズはこの米3冠馬シアトルスルーの4×5のクロスを持っており、ダートでの大物感は十分だ。

 ◎ゴールデンバローズ
 ○ノンコノユメ
 ▲アキトクレッセント
 △ラインルーフ
 △アルタイル
 △タップザット

【函館11R・函館スプリントステークス】

 ◎アンバルブライベン
 ○セイコーライコウ
 ▲コパノリチャード
 △エーシントップ
 △ローブティサージュ
 △サトノデプロマット

【東京10R・芦ノ湖特別】

◎マッサビエル
○ナンヨーケンゴー
▲ヘルデンテノール
△ファルスター