25
November , 2017
Saturday


G線上のホース ユニコーンS 「普通に走れば、普通に勝つ」

2015年6月20日(土)06時00分更新
Pocket

東京11R ユニコーンS

中央開催は今週を含め残り2週になりました。今週からは北海道開催も開幕し、いよいよ夏競馬が迫っています。新馬戦の予想は本当に難しいので、個人的には2歳未勝利戦の番組が増える時期が待ち遠しい限りです。夏競馬はやらないという方も多いとは思いますが、「2歳戦のみ」や「メインレースだけ」といった自分だけの決まりを作ってみたり、3場あれこれ買うのでは無く自分のメイン場を1つに絞って専念してみるのも効果的かと思います。そういった方々のお役に少しでも立てれば幸いです。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ゴールデンバローズ 自信度★★★☆☆

◎ゴールデンバローズ
○ノボバカラ
▲イーデンホール
△アキトクレッセント
△ノンコノユメ
△アルタイル
△ラインルーフ
△ダイワインパルス

 普通に走ればゴールデンバローズは負けない。国内では3戦3勝で時計・内容共に同世代では敵なしとも言える完璧な成績。前走のヒヤシンスSは前日の古馬1000万条件を0.5秒上回り、当日のフェブラリーSとも僅か0.8秒差。並の3歳馬が出来る芸当ではない。懸念材料が有るとすれば、海外遠征帰りの初戦ということだけだろう。
 難しいのが相手関係。ゴールデンバローズと対戦歴が有るのは僅かに3頭しかおらず、他馬との力量差が計りにくいのが現実。それでもゴールデンバローズの2着経験を重要視してみたい。ノボバカラとイーデンホールを上位に考えたい。特にノボバカラは東京コースを既に7回経験しており(2.2.1.2.0)と5着以下は1度も無い。どこからでも競馬が出来る器用さが有るのでこのメンバーでも善戦可能。イーデンホールはヒヤシンスS2着で兵庫ChS勝ち馬のクロスクリーガーに先着しておりハマれば上位まで。馬券は◎○、◎▲からの3連複と◎→○▲⇔印各馬の3連単フォーメーションで買ってみたい。

函館11R 函館スプリントS

【推奨馬】ティーハーフ 自信度★★★☆☆

◎ティーハーフ
○ローブティサージュ
▲サトノデプロマット
△コパノリチャード
△セイコーライコウ
△アンバルブライベン
☆エーシントップ

 昨年は断然人気のストレイトガールが内で包まれて競馬にならず大波乱の要因になってしまったが、今年のコパノリチャードはどうか?そもそもコパノ自身の芝1200m戦経験は3戦のみでいずれもGIレース。そして芝1200m戦の初勝利かつ唯一の勝利が昨年の高松宮記念だった。この時は他馬が明らかにパフォーマンスを落とす程の極悪馬場。純粋な良馬場で勝っていないのは事実なので、この人気ならばそもそも適性が有るかどうか疑ってみたい。
 3年ぶりの函館参戦となるティーハーフはいよいよ本格化。全兄サドンストームにも騎乗してコツでも掴んでいるのか、國分優が乗り始めてた今年からティーハーフの競馬内容自体が格段に良化中している。それまで追い込み一辺倒だったのが嘘の様に中団から競馬を進めており、それが今の充実に繋がっている印象。函館は3年前の函館2歳S以来になるが、この時はハイペースを先行しての3着と1番強い競馬。現在2連勝中、この勢いのまま函館に参戦出来たのは大きい。香港の名スプリンター・ラッキーナインの全弟で血統的にもこの条件は合う。相手には昨年の2着馬ローブティサージュ、こちらも連勝中のサトノデプロマットを本線に据える。馬券は単複と馬連、3連複軸2頭流し◎○と◎▲から印各馬へ流す。

【若駒推奨馬】

東京6R 2歳メイクデビュー(ダ1400m) グレートヒット 自信度★★☆☆☆

 この世代で関東圏最初のダート戦だけ有ってそれっぽい血統のメンバー構成。全姉ゼンザイも東京ダート1400mで勝ち上がっているグレートヒットが軸に最適。土曜の最終レース(ダ1400m)でも同じサウスヴィグラス産駒のサノイチが勝利しており、東京ダートに強いフォーティナイナー系で今の馬場傾向にも合っている。相手は16、6、15、14、1、2。馬券は馬連と3連複軸1頭流しで組み立てる。

函館5R 2歳メイクデビュー(芝1200m) シシャモスペシャル 自信度★★★☆☆

 人気を集めそうなオデュッセウスとインジャスティスはファルブラヴ産駒の牡馬。以前も触れたがファルブラヴ産駒の獲得賞金順で牡馬は20位に食い込むのがやっとのレベルで、それだけ牝馬が走っていることになる。そこで狙って面白いのがシシャモスペシャル。母シシャモチャンは現役時代に函館2勝を含む芝1200mで3勝を挙げた純然たるスプリンター。父スペシャルウィーク、母父サクラバクシンオーの配合はこれまで5頭デビューし2頭が勝ち上がっており、勝ち鞍は全て芝1200mだった。人気はあちらでも血統的にはこちらの馬から買ってみたい。馬券は単勝と馬連で組み立てる。相手はの9、12、8、1の順。