23
November , 2017
Thursday


ちょいワル火遊び馬券【宝塚記念】【パラダイスS】

2015年6月26日(金)02時30分更新
Pocket

宝塚記念(6月28日・阪神11R)

ダービー馬の復権!ワンアンドオンリー◎

史上初の同一GⅠ3連覇に挑むゴールドシップだが、天皇賞(春)があまりにも走り過ぎ?の感があり、反動もしくは燃え尽き症候が少なからず懸念される。勝って当然、負けて納得の今回は単穴▲に止める。本命◎は過去のデータを重視して4歳牡馬の代表格ワンアンドオンリー。⑦番枠を利して好位のインをキープ、直線入り口からの早め抜け出しをイメージする。対抗○にラキシス。牡馬に伍しての力勝負にも実績があり、2200m3勝2着2回と距離適性は断然。好枠②番から先行策を取りそうなトーセンスターダムに特注★。以下△印が③着候補に。

◎ワンアンドオンリー

○ラキシス

▲ゴールドシップ

★トーセンスターダム

△ラブリーデイ

△カレンミロティック

△デニムアンドルビー

△ヌーヴォレコルト

 

パラダイスS(6月28日・東京11R)

実績馬の復活、インパルスヒーロー◎

同距離のファルコンS勝ち、GⅠNHKマイルC②着の実績馬インパルスヒーローがようやく復調してきた。ここ3戦はマイル戦で③③④着だが今回は4戦3勝と最も得意とする1400m戦。鞍上を主戦の田中勝に戻しての必勝態勢とみて◎。同じく距離、コースとも最適条件にあるエールブリーズが強敵で対抗○。前走のフリーウェイSの勝ち時計が前週の京王杯SCを1秒4も上回ったネオウィズダムが単穴▲。後追いの感もなきにしも非ずだがヴィクトリアマイル③着のミナレットにも★は必要だろう。以下伏兵も虎視眈々で混戦必至。

◎インパルスヒーロー

○エールブリーズ

▲ネオウィズダム

★ミナレット

△スマートオリオン

△ショウナンアチーヴ

△ブレイズアトレイル

△プリムラブルガリス