22
November , 2017
Wednesday


元オールナイターズ・真田せつこの〝自然体〟に通じるOL必読本とは・・・

2015年7月23日(木)10時30分更新
Pocket

真田せつこがシングルデビュー

1980年代、「女子大生ブーム」に乗じたテレビ番組『オールナイトフジ』から誕生したアイドル軍団・オールナイターズ。その初期メンバーだった真田せつこがこのほど、歌手デビューした。

6月29日発売の「心に化粧ほどこして…」がデビュー曲だが、同曲は女子大生ブームの流行語「イケイケ」とは程遠いムード歌謡。同時の面影を見せる事無く、揺れるオトナの女心を艶やかに歌いあげている。

「2~3年前から昭和歌謡のカバーを歌う仕事が増えたのです。その時、それならば新曲を引っ提げデビューした方が早いと思ったのがきっかけ。デビュー曲は作詞も担当させてもらいました。実は私の実体験なのです」

 妖艶な笑顔を覗かせながら真田は歌手デビューの経緯を明かした。

 17歳の時、『プチセブン』のモデルで芸能界入り。以後、40年以上も荒波激しい業界に身を置いている訳だが、敢えて真田は自然体を崩さない。

「私は私のペースで生きていく。時代や相手に合わせる事は勿論、大事ですが、その前に自分というモノをしっかり把握していないと良い仕事は出来ません。相手が求めているモノ、又は私が求められているモノを正確に理解する事が大事。そこで出た答えが“自然体”でした」(真田)

 女性の社会進出が本格化していくなか、最近では女性に男性同等の営業ノルマを課す企業が多い。業態は違えど、社会自立という部分では真田の生き方は見本になるだろう。

そんな中、『女性が営業力・販売力をアップするには』(幸福の科学出版)がOLの間で話題沸騰中。「仕事の極意」が簡潔に綴られている。

 真田の「自然体」宣言は『女性が~』に通じる部分がある。彼女の考えもまた、「仕事の極意」であろう。