23
November , 2017
Thursday


T・スウィフトvsN・ミナージュのバトルにやっぱりあの大物歌手が参戦

2015年7月24日(金)04時00分更新
Pocket

ケイティの辛らつなツイート

ケイティの辛らつなツイート

 8月30日に授賞式が行われる「MTVミュージック・ビデオ・アワード」で最優秀ビデオ賞を含む最多9部門にノミネートされた米歌手テイラー・スウィフト(25)に対し、候補落ちした米女性ラッパー、ニッキー・ミナージュ(32)が、ツイッターで言いがかりをつけたバトル。一夜明けた23日、予想通り?テイラーと犬猿の仲と言われる同歌手ケイティ・ペリー(30)が参戦してきた。

 ニッキーが怒りをあらわにしたのは、昨年大ヒットした自身の「アナコンダ」が最優秀ビデオ賞にノミネートされず、テイラーの「バッド・ブラッド」が候補になったこと。

 自分が落選した理由を「きっと私のカラダが気に入らなかったのよ」と決め付けたニッキー。不満のはけ口をテイラーに向け、嫌味たっぷりに「アンタのビデオが超スリムな女を褒め称えているから、今年の最優秀ビデオ賞にノミネートされたんじゃない」とツイートした。

 降って沸いたような言いがかりにテイラーは「私はアナタをずっと好きだし応援してきた。女同士で貶めるような発言はアナタらしくないわ」と返信した。

 実は、最優秀ビデオ賞候補の「バッド・ブラッド」は、テイラーがケイティとの不仲をネタにしたとされ、大きな話題になった曲。

 「あなたはすごく傷つけたのよ/もう私たちは険悪よ/あたしたちには問題がある/解決できるとは思わないわ」と歌っているのだ。

 ケイティは23日、さっそく「女同士で貶めるうんぬんという主張は皮肉もいいところ。だって片方は、女同士で貶めるような曲を売って、大儲けしているのよ」と辛らつなツイート。名指しこそしなかったものの、誰に向けたメッセージかは明らかだ。

 さて、テイラーはどう反論するのか。バトルはヒートアップしそうだ。