19
August , 2017
Saturday


トラブルメーカーの米歌手クリス・ブラウン 今度はマニラで軟禁状態だと

2015年7月24日(金)03時47分更新
Pocket

@chrisbrownofficialが投稿した写真

 まるで“トラブル”という名の人生だ――。先週は、ロサンゼルスの豪邸に数人の男が忍び込むという窃盗被害に遭ったばかりの米歌手クリス・ブラウン(26)が、今週はフィリピンの首都マニラで“軟禁”されているらしい。米芸能サイト「TMZ」は23日、公演を終えたクリスが、フィリピン政府による出国禁止の仮処分を受け、ホテルから出られない状態だと伝えた。

 その理由はこうだ。クリスは昨年の大晦日、マニラで年越しライブを行うハズだったが、こともあろうに、まともな理由も告げず公演をドタキャン。ところが前払いされた、数億円ともいわれる出演料を現地プロモーターに返還しなかったというのだ。その後もクリス側に返還を求めたが、なしのつぶて。

 怒り心頭のプロモーターは、今週行われた公演後、「カネを返すまでクリスの出国を許さないでほしい」と同国政府に訴え、政府がプロモーター側の言い分を認めた。 ホテルに軟禁状態のクリスは、米国政府に「どうにかしてよ」と泣きついているが、そりゃあ自業自得というものだ。