25
May , 2018
Friday


ちょいワル火遊び馬券【レパードS】【小倉記念】

2015年8月7日(金)02時30分更新
Pocket

レパードS(8月9日・新潟11R)

2強の図式も上位拮抗!

兵庫CS圧勝のあとジャパンDDでも果敢に逃げてノンコノユメの②着と好走したクロスクリーガー。3戦全勝の距離に戻って首位有力◎。対するは海外遠征後のユニコーンSを叩かれ上昇のゴールデンバローズ。ヒヤシンスSでは◎を0秒6差付けて負かしており逆転十分の○。この2強に割って入れば古馬混合の1000万特別を②①着と勝ち上がってきたカラパナビーチと、母系にヴァーミリオンなど名うてのダート血脈が流れるダノンリバティの大駆け。前者に単穴▲、後者に特注★とした。押さえにオールブラッシュ以下△印の各馬。

◎クロスクリーガー

○ゴールデンバローズ

▲カラパナビーチ

★ダノンリバティ

△オールブラッシュ

△ノボバカラ

△ライドオンウインド

 

小倉記念(8月9日・小倉11R)

稼ぎ場所、稼ぎ時、メイショウナルト◎

小倉巧者のメイショウナルトが休み明け叩き3戦目、強力な同型馬不在で楽にマイペース逃げに持ち込めそうだ。軸不動の◎に置き、対抗○にはこれをマークして前々で運べるウインプリメーラ。初コースとなるが平坦小回りはむしろ歓迎のクチ、ハンデ差が活きれば逆転も可。単穴▲は3歳馬ベルーフ。やや器用さに欠ける感はあるが京成杯勝ちの実績と斤量54kからも侮れない。七夕賞で最低人気ながら③着に入って大穴を演出したマデイラが再びハンデ52k、穴男酒井騎乗で特注★。以下△印の各馬を押さえに。

◎メイショウナルト

○ウインプリメーラ

▲ベルーフ

★マデイラ

△アズマシャトル

△パッショウダンス

△バッドボーイ

△マローブルー