24
January , 2018
Wednesday


ハリウッド長者番付1位ロバート・ダウニーJr ダメ人間からの復活人生

2015年8月8日(土)09時00分更新
Pocket

We work weekends ..for your viewing pleasure… #marvel #civilwar #pickyourside

Robert Downey, Jr.さん(@robertdowneyjr)が投稿した写真 –

 米経済誌「フォーブス」による「ハリウッド長者番付・俳優ランキング」で3年連続トップになったロバート・ダウニー・ジュニア(50)。昨年度の年収は約8000万ドル(約100億円)で2位以下を大きく引き離す断トツの首位となった。だが実は十数年前まで、薬物中毒で刑務所とリハビリ施設の出入りを繰り返すという自他共に認める〝ダメ人間”だった。

 今回の高額所得は、全世界で興行収入が約1600億円を記録したアイアンマン映画最新作「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の大ヒットによるもの。

 すでに数百億円の資産家となったロバートは、ロサンゼルス郊外の高級住宅地マリブに約20億円で牧場付き豪邸を購入し、馬12頭を保有している。また、ロス近郊のベニスビーチにも10億円の家を所有。食事はすべて専用シェフが作るというセレブぶりだ。長距離移動はもちろんプライベートジェットで、長期ロケは自宅からお気に入りの家具を持ち込むのだとか。

 ロバートは1983年、わずか18歳で「ベイビー・イッツ・ユー」でハリウッドメジャーデビューを果した。その後も青春映画に多く出演し、一躍、若手俳優のホープとして注目された。

 90年代に入ると、喜劇王チャーリー・チャップリンを描いた「チャーリー」(92年)で主演し、演技派俳優としての評価も得た。ところが、その頃からコカインやヘロインなど違法薬物に溺れ、逮捕とリハビリの繰り返しが始まった。

 かつて、法廷でロバート被告はドラッグについて「引き金を引きながら、ショットガンの銃口をくわえているような感じ。その“金属の味”がたまらないんだ」と証言した。当然、ハリウッドの仕事は無くなった。

 2003年、そんなどん底のロバートを救ったのが映画プロデューサーのスーザン・レビン(41)、現在の妻だった。海岸をドライブ中、スーザンは「私と結婚するなら、ドラッグを完全にやめて」と迫ると、ロバートは持っていたクスリをすべて海に投げ捨てた。それ以来、違法薬物には一切手を出していないという。

 そして08年、役者人生の方向性を決定付けるアイアンマン役と出会い、完全復活を果たした。同シリーズは来年、6本目となる「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」が公開される。一方、オフの時間は妻と2人の子供たちと一緒に過ごし、良きパパとして家庭生活も満喫している。