21
May , 2018
Monday


生ポルチーニとトリュフの極上タッグ!今、食べておきたい極楽パスタ~磨由子のグルメ散歩~

2015年8月8日(土)09時00分更新
Pocket

 店頭の黒板に「手打ちタリアテッレ フレッシュポルチーニのソースで」「タヤリン サマートリュフをかけて」とあったのを見て、反射的に飛び込んでしまった。

 問題はどちらを選ぶかだ。季節を限定されるフレッシュのポルチーニはぜひ食べたい。冬トリュフよりも価格の安いサマートリュフは量がたっぷりになることも多いから、これもぜひ食べたい。だからといって、さすがにパスタを2皿は無理だ。

 ポルチーニとトリュフの別メニューも眺めながら悶々と考え込んでいると、「量が調整できるものもありますよ」と店員からの一声。そこで、ティジェッラというエミリア・ロマーニャの小さなパンをつまみながら作戦を練ることに。

 ちなみにティジェッラはやや硬めのコイン型をしたパン。これも自家製でバターが香る。マーガレットのような焼き印が可憐だ。2枚に割ってサンドイッチのようにするのがポピュラーだというので、ボイルハムを少量頼んで挟んでみると、どちらもおいしいから上等な前菜に仕上がった。

 結局、「フレッシュポルチーニのアリアッテレにトリュフをかけてもらえます?」とオーダー。別々に食べて欲しいなぁ、というコメントつきながらシェフのOKが出た。取り分け前提らしく、かなりの量!そこへ差し出される黒々と輝くトリュフとスライサー。シャッシャッシャッ・・・、いつまでも手は止まらない。

 パスタを軽く覆うほどのトリュフのボリュームに圧倒されながらも、モリモリと食らいつく。ふっくらとしたポルチーニもたっぷりだ。なんという贅沢な一品!ソフトな食感の手打ちの平麺が具材の旨味をしっかりと吸って、ウ、ウマ~!

 下北沢にありながら、ほとんど近隣の住民しか知らないであろうエミリア・ロマーニャ料理店、「ダニエラ」。手打ちパスタが人気で、正月にパスタの会を毎年行っている。色々な種類を食べ比べられるのだそうだ。知人に誘われるのだけど、帰省するので行けたことがない。年に2回にしてもらえないものだろうか。

 

※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

 

東京都世田谷区代沢5-16-23 03-3487-6086 京王井の頭線・小田急小田原線 下北沢駅(P無) 「手打ちタリアテッレ フレッシュポルチーニのソースで サマートリュフをかけて」 2600円