21
May , 2018
Monday


有力セレブを次々サプライズ出演させるテイラー・スウィフト その狙いは

2015年8月17日(月)03時05分更新
Pocket

ジュリア(左)とジョーン(右)をさっそくツイッターで〝BFF〟認定したテイラー

ジュリア(左)とジョーン(右)をさっそくツイッターで〝BFF〟認定したテイラー

 米歌手テイラー・スウィフト(25)って実はなかなかの策士だった?! 昨年リリースされたマルチプラチナアルバム「1989」を引っさげ、全米ツアー中のテイラー。先週末はカリフォルニア州サンタクララの公演で、米女優ジュリア・ロバーツ(47)と伝説の米フォーク歌手ジョーン・バエズ(74)がスペシャルゲストとしてステージに登場し、ファンを驚かせた。

 テイラーの公演では先月、女子サッカーW杯でなでしこに圧勝した米代表チームが、サプライズで凱旋出演。ほかにも、スーパーモデルや女優らがステージにサプライズで登場することがしばしば。

 当然、テイラー側が出演要請するわけだが、ビッグネームのセレブがほとんど。出演してもらうとテイラーは、ツイッターやインスタグラムで “BBF”認定するのがパターンなのだ。BFFとは「ベスト・フレンド・フォエバー」の略。つまり、“永遠の親友”というわけだ。

 ご多分にもれず、ジュリアとジョーンもさっそくBFF認定されて“テイラーファミリー入り”。ネット上では「ケイティ・ペリーとか天敵の多いテイラーが、少しでもたくさん有力セレブを味方につけるための戦略じゃないの」などと、うがった見方も出ている。