24
January , 2018
Wednesday


ハリウッド版「マッハGoGoGo」のエミール・ハーシュ 女性暴行で実刑

2015年8月18日(火)04時00分更新
Pocket

エミール被告

エミール被告

 日本のテレビアニメ「マッハGoGoGo」を原作にしたハリウッド映画「スピード・レーサー」(2008年)に主演した米俳優エミール・ハーシュ(30)が今年1月、米国・ユタ州で開かれた映画祭のパーティーで泥酔し、女性を暴行した事件で、同州の裁判所は17日、実刑判決を下した。

 判決によると、エミール被告は1月25日未明、同州パークシティで開催されたサンダンス映画祭のパーティーで女性と口論になり、床に引きずり倒して馬なりになり、首を絞めた。被告はその場で取り押さえられ、駆けつけた警察官に傷害の疑いで現行犯逮捕された。

 実は被害女性、パラマウント映画の美人女性幹部として知られるダニー・バーンフェルド氏(31)。米大手芸能サイト「ハリウッド・レポーター」が昨年、「ハリウッドを担う次世代のトップ35」の1人に選出した人物だ。だが事件当時、泥酔状態のエミール被告は相手が誰だか分からなかった。

 17日に同州ソルトレイクシティの裁判所に出廷したエミール被告は有罪を認め、禁錮15日、罰金4750ドル(約59万円)と50時間の労働福祉活動が言い渡された。正式な禁錮刑は5年だが、反省の態度が認められたため、罰金を納め、福祉活動を完遂すれば、刑罰は取り消される。

 弁護士によると、事件後に釈放されたエミール被告は、リハビリ施設でアルコール依存症の治療を受け、これまで酒を断っているという。

 しかし、被害者のバーンフェルド氏は「殺されると思った」と、その時の恐怖がトラウマになったと訴え「判決は甘すぎる」と憤っている。少なくとも今後、パラマウントからエミール被告に出演オファーが来ることは、まず無くなった。

米芸能サイト「ハリウッド・レポーター」が「ハリウッドを担うトップ35」の1人に選出したバーンフェルド氏

米芸能サイト「ハリウッド・レポーター」が「ハリウッドを担うトップ35」の1人に選出したバーンフェルド氏