25
May , 2018
Friday


美の総合商社へ移籍して大成功!お笑いコンビヴェートーベンの一見無謀な挑戦

2015年8月21日(金)10時30分更新
Pocket

要注目のお笑いコンビ、ヴェートーベンの久保(下)と青井

テレビ朝日系バラエティ番組『GO! オスカルX21』のMCで注目を集めているお笑いコンビ・ヴェートーベン。「美の総合商社」とも言われているオスカープロモーション所属の異色だが、元々はお笑い界の老舗プロダクションに所属していた。

 久保隆がオスカー入りの背景を次の様に語る。

「二人とも広島出身で高卒後、大阪にある大手芸能プロの養成所に通っていたのです。郷里が一緒という事からコンビを結成。養成所時代から12年ほど所属させて頂きましたが、“このまま続けていても何も生まれない”という結論になり“それならば、お笑い系でない事務所に所属して勝負しよう”となり、オスカーの門を叩きました」

 一見、無謀とも思える挑戦だが、「後が無い」二人には絶好の機会だった様だ。

 心機一転、オスカーの所属になった二人は意外な“武器”を発見。何と、ネタよりもMCが得意である事に気づいたのだ。以降、イベント司会業の第一人者になる事を目標に突っ走っている。

「ネタでなくMCで笑いを取れる様になれば、これはこれで一つの形になります。芸人冥利に尽きるのはお客様の笑顔を見る事。その形はネタでなくてはいけない、という事は無い。MCで笑いを取る――これを確立させたい。二人して吹っ切れた訳です」(青井貴治)

 冒頭の『GO!~』を始めイベントや番組のMCを担当する事が増えた二人。最近では彼らのMCを観にくる熱心なファンも数多くいる。まさに「水を得た魚」となった。

 自分を俯瞰して敢えて逆境に挑む。彼らの忍耐は勝者の発想といっていいだろう。

  ※  ※  ※

 ネバーギブアップを地で行くヴェートーベンだが、ロングセラーになっている『忍耐の法』(幸福の科学出版)にも同様の記述がある。常に前向き、「常勝」こそ、生きる為の智慧なのだ。