24
January , 2018
Wednesday


ちょいワル火遊び馬券【新潟2歳S】【キーンランドC】

2015年8月28日(金)02時30分更新
Pocket

新潟2歳S(8月30日・新潟11R)

末脚勝負ならロードクエスト◎

東京のデビュー戦を出遅れながら直線持ったままで後続に2馬身差を付けて楽勝したロードクエスト。父マツリダゴッホは一見地味に映るがれっきとしたSS直仔、上がり3F33秒2に違和感はない。末脚を信頼して◎。対抗○は今回と同舞台の新馬戦で4馬身差圧勝のウインミレーユ。こちらは3番手から33秒6の決め手を発揮しており逆転Vも十分。血統的にも兄に天皇賞馬ビートブラックがいる筋金入りだ。完成度の高い外国産馬ルグランフリソンに▲。近親にキングカメハメハがいるヒプノティストに特注★。以下△印が押さえ。

◎ロードクエスト

○ウインミレーユ

▲ルグランフリソン

★ヒプノティスト

△ペルソナリテ

△タニセンビクトリー

△プリンシパルスター

△マコトルーメン

 

キーンランドC(8月30日・札幌11R)

本格化ティーハーフの4連勝!

前走函館スプリントSで圧巻の追込みを決めたティーハーフ。ここにきて短距離適性の血が一気に開花した印象だ。スタート五分なら札幌でも届くと見て◎。対抗○は昨年の②着馬レッドオーヴァル。前走のUHB杯では上がり最速の脚でエポワスに鋭く迫っており勝負師岩田騎乗も魅力だ。そのエポワスは紛れもない洋芝巧者だが、前走から斤量3k増のぶん単穴▲の評価。侮れないのはデムーロに乗り替わるスギノエンデバー。嵌れば首位も望める一発屋で特注★。充実オメガヴェンデッタ以下△印も展開次第で連対圏まで。

◎ティーハーフ

○レッドオーヴァル

▲エポワス

★スギノエンデバー

△オメガヴェンデッタ

△レンイングランド

△ローブティサージュ

△トーホウアマポーラ