26
March , 2017
Sunday


谷津嘉章氏も絶賛するUFO関連図書「THE FACT 異次元ファイル」がスゴイ!

2015年8月31日(月)10時30分更新

谷津氏も絶賛するUFO・宇宙人書籍の新刊「THE FACT 異次元ファイル」

 今年始め、アントニオ猪木が国会でUFOに関する質問をした事から端を発し、プロレス関係者が実はUFO好きだった事が判明した。

 ザ・グレート・サスケがど真ん中のUFO研究家であった事は周知の通りだが、何とサスケに勝るとも劣らないのが元・全日本、新日本プロレスで活躍した谷津嘉章だ。

 とにかくUFO・宇宙人関連の話をし始めたら1時間では物足りず、2時間、3時間でも話続けるほどの“超人”。しかも、一般人に分かりやすく説明出来る点では、数多(あまた)いる研究家より達者だろう。

「地球が誕生して約46億年。人類が誕生して1万年と言われている。たった1万年したいない人類が今や地球を壊す事が出来るほどの力がある。これはおかしい。人類はアメーバから誕生、進化を繰り返したのではなく宇宙人が地球調査のためにやってきたと考えるのが普通。よく考えたら分かるが、宇宙人のイメージといえば“グレイ”になるが、誰もグレイを見たこ

とがない。つまり、我々の潜在意識にグレイがいる。過去に見たことがあるというわけ」

 谷津は自信を持って持論をぶつとこう続ける。

「幸福の科学の大川隆法総裁は宇宙人か宇宙人とコンタクトが取れる別次元の人だと思う。日本でここまでUFO・宇宙人の事をリアルに語る人物はいないから」

 確かに幸福の科学出版からはUFO関連の書籍が多数発売されており、まさに最新刊は『THE FACT 異次元ファイル』というUFO・宇宙人関連本だ。なるほど、谷津の“推理”頷ける。