20
May , 2018
Sunday


G線上のホース 京成杯AH 「開幕週でも差し狙い」

2015年9月12日(土)06時55分更新
Pocket

中山11R 京成杯AH

秋競馬開幕で久しぶりの2場開催。レースの合間も間隔が空くのでしっかりとレースの検討が出来ます。もっとも、基本的に買いたい馬は前日の予想でピックアップしておくのが理想だと思いますが、当日人気も欠かせない予想ファクターなのも事実です。「オッズによって買う馬を変えるのは邪道だ」という意見も有るでしょう。それでも長く競馬を続けたいので有れば、似た要素で選んだ買いたい馬が複数いる場合は基本的に人気薄から買うべきだと思います。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】アルマディヴァン 自信度★★☆☆☆

◎アルマディヴァン
○レッドアリオン
▲ケイティープライド
△ブレイズアトレイル
△ダローネガ
△スマートオリオン
△グランシルク
☆マイネルホウオウ

 サマーマイルシリーズ最終戦。ちょっとGIでは歯が立たない馬にとっては大きな勲章になるだけに最終戦までもつれている(と言っても計3戦しか無いが…)。個人的に今年の3歳馬は芝では苦戦すると考えているので、人気の場合は極力嫌ってみたい。
 推奨するのは牝馬のアルマディヴァン。あくまでも他馬の結果次第だがこの馬にもシリーズチャンピオンになる可能性が有る。これまでマイルは12戦して(3-4-2-3)で着外は今年のヴィクトリアマイル(15着)の1度だけ。まず崩れないタイプなのだが、6走前の中山でのレースぶりが際立つ好内容。まだこの1度しか中山経験は無いが、道中の位置取りが6→12→8から大外を回して勝ち切っている様に適性を十分感じさせる。秋の中山は2年ぶりの開催だが、昔ほどの高速馬場にならず土曜も差しが利く馬場。先行型が揃い、勝ち切りたい馬が多いレースだけに展開利も大きい。相手には入着でチャンピオンが見える上に元来右回りが良いレッドアリオン、この夏一気に上昇したケイティープライドも面白い。馬券は馬連・馬単で印各馬へ流す。

阪神11R セントウルS

【推奨馬】ミッキーラブソング 自信度★★☆☆☆

◎ミッキーラブソング
○ハクサンムーン
▲ウリウリ
△ホウライアキコ
△ストレイトガール
△マヤノリュウジン
△アクティブミノル

 上位と下位の差が激しいレース。人気馬3頭で堅い気もするが、北九州記念に続きミッキーラブソングをここでも推奨。前走の北九州記念は結果的に隊列の差が最後まで響いての5着。外差し馬場には違い無かったが、先行・好位勢も外を通れば相殺出来る範囲だったのも事実。今回は開幕週の阪神になるが、阪神芝1400mは2戦2勝。そして乗り慣れた小牧に手が戻るのは頼もしい。今回は行きたい馬が少なく、隊列が長くなることはなさそう。直線で急坂の有るコースならば届く可能性は十分有る。前走だけで見限らず、ここでもあえて深追いしてみる。相手には過去2年馬券に絡んでいるハクサンムーンを強調するが、ウリウリも前走内容から当然注目。馬券は単複と印各馬への馬連、3連複フォーメーションで◎→○▲→印各馬の組み合わせも買っておく。

【若駒推奨馬】

中山5R 2歳メイクデビュー(ダ1800m) ネオスピード 自信度★★☆☆☆

 芝から使ってもおかしくない血統馬が新馬戦からいきなりダートを使ってきたので買う。ネオスピードの半兄はダート5勝のガンマーバースト(父スペシャルウィーク)。ネオスピードの父はネオユニヴァースだがスペシャルウィークと同じ父父サンデーサイレンスなので心配無用。同じ配合馬(父ネオユニ×母父ジャイアンツコーズウェイ)で走っている現役馬はデモニオの1頭のみ。同馬は3戦目の初ダートで勝利し500万下でも入着を繰り返している様にダート適性は充分。ここは素直に初戦から買っておきたいが、馬券は単複で。

阪神1R 2歳未勝利(ダ1400m) ウインランブル 自信度★★☆☆☆

 さすが貴重なダート未勝利戦。ダート実績馬が使ってくるのはともかく、初ダートでも魅力的な馬が多数出走している。基本的にJRAの現役馬は近親や母系が走っているからデビュー出来ているのであり、そういう意味では全ての現役馬がある程度の良血と言っても過言では無い。
 何頭かいる推奨候補の中から、あえて選ぶならばウインランブル。母母メヤディーニの血が何とも魅力的。同馬からはメガリス、アップルマティーニ、フランコフォニーといったダート4勝馬が3頭出ており、現役3歳馬のライムチャイサーもダートで勝ち上がっている。ウインランブルはここまで芝の3戦で結果が出ていないが、そのおかげで人気が下がるのは有り難い。ここは絞り切れないので単複のみの推奨。