15
December , 2017
Friday


バランス抜群!肉、野菜、海藻をレモンソースで食すサッパリそば~磨由子のグルメ散歩~

2015年9月19日(土)09時00分更新
Pocket

 涼しくなって来たとは言え、夏の名残りの残るメニューもまだ見かける今日この頃。ココにも魅力的な冷しそばが2種類。「半熟たまごとばら海苔の冷しそば」と「蒸し鶏と彩り野菜の冷しそば」、さて、どっちにしようか。

 券売機をにらみつけながらしばらく悩んだ後、「季節限定」と書かれた後者をチョイスすることに決め、ボタンを押す。590円か・・・、このテの店としては安くはない。でも、お腹のすき具合と相談した結果、トッピングの量がしっかりしている方に手が伸びたのだった。

 1、2ヵ月ほど前に出来たばかりの駅そばの店だ。なかなか繁盛している模様。以前はセルフのうどん屋だった場所で、はなまるうどんなどのチェーン店が台頭する直前だったか、駅なかの店だというのにいつも大行列を作っていて、大変な人気だったことを覚えている。

 「蒸し鶏と彩り野菜の冷しそば」はなかなかのボリュームで現れた。大ぶりな器にしっかりな量のそば。その上にはめかぶと和えた枝豆、2色のパプリカ、おくらが乗って、カラフルかつヘルシーな印象。蒸し鶏も柔らかく茹で上げられていて、ゴロンゴロンと食べでがある。そのほか、「一」と印字されたカマボコ、刻みネギもこんもりと十分に。590円は妥当な値段かな、と納得。

 塩レモンソースもかかっているという。ツルツルッとすすりあげると、ウン、ほのかな酸味が爽やか!ダシ自体もあっさりめで食べやすい。そばは細めなわりに柔らかすぎず、良い塩梅だ。テーブルの白ゴマをかけようと容器を回してゴリゴリとすり出すと、香りがブワッ!安い店ほど薬味類にまで気が回っているのはうれしいものだ。

 改札を入ってすぐに位置する「そばいち」。小奇麗な内装とライトな味わいからすれば、どちらかと言うと女性や若者に好まれそうだ。前にあったセルフのうどん店のように長く愛される店になるといいのだけれど。

 

※お料理との出会いをより感動的にするため、写真はあえて載せません

 

東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 03-3716-4198 JR恵比寿駅(構内/P無) 「蒸し鶏と彩り野菜の冷しそば」 590円