20
June , 2018
Wednesday


役にたたない英語おせーたる(95)携帯用マグの不具合

2015年9月19日(土)09時00分更新
Pocket

まったく同じ商品が送られてきたまでは良かったが…

まったく同じ商品が送られてきたまでは良かったが…

 お気に入りだったStarbucks(スターバックス)のcoffee mug(コーヒーマグ)を割ってしまった。前回帰省したとき、関西空港で買った「airport special edition」(空港特別限定版)だったのに…。

 私はこんなtravel mug(携帯用マグ)を毎日使う。私が勤めるオフィスでは、飲み物の持ち込みは、ふた付きのコップでのみ許されているからだ。

 しょうがないので、新しいtravel mugを近所のスーパーで購入した。ステンレス製で、飲み物の温度を長時間キープできる。さらに、leak-free(漏れの心配なし)とうたわれていた。

 早速、翌日から使い始めた。朝入れた冷たい紅茶がお昼ぐらいまで冷たくていい感じ。leak(漏れ)もない。OK。

 その翌日、飲み口が付いているふたと本体のつなぎ目から紅茶が滴っているのに気が付いた。と言っても、一滴かそこらだったので、気にせずティッシュでぬぐって使い続けた。すると、mugを傾けるたびに一滴ほどずつ滴ってくる。leakというよりtrickle(滴り)である。「たまたまかなあ」と思い、その翌日も使ってみたが、症状は続いた。

 すでに数日使ってしまったので、スーパーに返品するのは難しいと考え、メーカーのウエブサイト経由で文句のメールを出し、refund(返金)を求めた。なかなか良くできたcustomer service(顧客サービス)で、すぐに返信があり、「当社のウエブサイト上から直接ご購入いただいていれば、返金して差し上げるのですが・・・。We would be happy to send you a replacement product if this would help.(よろしければ、代わりの物をお送りします)」と言う。

 返金してもらっても、また買いに出かけなければならないので、その手間を考えると、新しい品を送ってもらうほうが楽だ。なので、“If you send me a replacement (not leaking one), that’d be great. I’d be happy to send you the leaking one on your cost.”(「漏れない」代わりの物を送ってくれるなら、助かります。手元にある不良品は着払いで送り返します)と返信した。

 「返品の必要はありません。新品をお送りしますので、今しばらくお待ちください」とのこと。メーカーの迅速な対応に感心した。

 約束どおり、数日後、まったく同じ商品が送られてきた。で、使ってみた。初日、問題なし。ところが…2日目、trickle! 3日目、trickle!

 これは単発の不良ではなく、きっと根本的な設計上の問題だ。だったら、再度文句を言っても、同じものが送られてきて、またそれもtrickleするだろう。あ~あ、customer serviceはいいのに、肝心の商品が悪いんじゃあどうしようもない。

 というわけで、結局、別メーカーのtravel mugに落ち着いた。このmugは今のところ、順調にleakなく機能している。