24
April , 2018
Tuesday


UFO研究家転身を思案中の元オールナイターズ・真田せつ子が注目した一冊とは

2015年9月19日(土)10時30分更新
Pocket

真田が注目した書籍「THE FACT 異次元ファイル」

     元オールナイターズでタレントの真田せつこがUFO・宇宙人研究家への転身を本気で考えている事が判明。UFO関連の書物を今、買い漁っている。

 9月1日、今秋公開の映画『UFO学園の秘密』(10月10日全国ロードショー)を試写した真田。これまでの概念が一変した程、心に激震が走ったという。

「宇宙人の存在自体は認めていましたが、全ての宇宙人は人間の敵だと思っていました。それが映画を観て人間に友好的なモノとそうでないモノがいるのを知りました。さらに我々、人間にも宇宙人が入り込んでいて過去世は宇宙人のケースがある事。宇宙人が人間の魂に“ウォークイン”し、我々の動向を調査している場合がある事。人間を支配する為に宇宙人は人間をアブダクション(誘拐)し、身体にチップを埋め込む事…など驚くべき“事実”に衝撃を禁じえませんでした」と真田は興奮する。

 よもや、真田も過去世は宇宙人だった!? 眠っていた何かが目覚めたのかもしれないが、目下、真田は宇宙人に興味津々。特に、宇宙人関連の書物にはくまなく目を通しているそうだ。

「エリア51関連も面白いですが、私の関心事はアブダクションなので『グレイの正体に迫る』と『THE FACT 異次元ファイル』(共に幸福の科学出版)が面白いと思いました。特に『~異次元ファイル』は圧巻。リーディングで次々に“事実”が明らかになっていく。ビックリしました」(真田)

 これをきっかけに真田はUFO・宇宙人研究家として活動していく事を決意。「オカルトとは呼ばせない宇宙科学者を確立させる」(真田)までノーリミットで突っ走る勢いだ。