20
October , 2017
Friday


やっぱりテイラー・スウィフト買ってた!ビバリーヒルズの30億円大豪邸

2015年10月2日(金)04時21分更新
Pocket

ゴールドウィン氏がかつて所有した大豪邸

ゴールドウィン氏がかつて所有した大豪邸

 米人気歌手テイラー・スウィフトの大ウソがばれちゃった!? ビバリーヒルズで売りに出されていた2500万ドル(約30億円)の大豪邸について「テイラーが購入するのでは?」とハリウッドで話題になっていたが、本人はツイッターで否定。ところが今週、米芸能サイト「TMZ」が不動産の登録記録を調べたところ、テイラーがすでに所有していることが判明した。

 話題の物件とは、ハリウッドの“創設者”として知られる故サミュエル・ゴールドウィンの大邸宅。同氏は1917年、映画産業の黎明期に大手映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の前身であるゴールドウィン・ピクチャーズを立ち上げ、第二次大戦の戦前・戦後の黄金期には、大物プロデューサーとしてハリウッドに君臨した人物だ。

 この豪邸は、同氏が1974年に亡くなるまで住んだ家。米メディアは、売りに出されたこの物件にテイラーが興味を示していると一斉に報じていた。だが、本人はツイッターで今週「マスコミいわく、テイラーはビバリーヒルズの豪邸を買って、英国のお城で結婚するんだってさ。ワタシいわく、テイラーはセントルイスで公演中よ」と“メディアの飛ばし”を示唆していた。

 そんな中、TMZが調査したところ、同物件は、テネシー州ナッシュビルに拠点を置く会社がすでに所有していることが分かった。で、その会社の代表がテイラーだったというわけだ。

 「調子に乗りすぎ」とやっかまれるのを避けるための否定だったのだろうが、「ほら、やっぱり買ってたんだ」とアンチに批判の口実を与えてしまったテイラー。また敵が増えなければいいが…。

何でも買っちゃうテイラーは移動も自家用ジェット(@taylorswift/instagram)

何でも買っちゃうテイラーは移動も自家用ジェット(@taylorswift/instagram)