21
November , 2017
Tuesday


G線上のホース スプリンターズS 「データは破る為に有る」

2015年10月3日(土)07時30分更新
Pocket

中山11R スプリンターズS

いよいよ秋のGIが開幕します。先月から予想する全レースで印を打つスタイルに変更しましたが、「もっとこうした方が良い」、「こんな予想が見たい」、「予想の根拠がおかしい」といったご意見やご感想が有ればコメント欄にお寄せ頂ければ幸いです。

※本年より推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ウリウリ 自信度★★★★☆

◎ウリウリ
○ウキヨノカゼ
▲ティーハーフ
△レッドオーヴァル
△ミッキーアイル
△ストレイトガール
☆リトルゲルダ
☆サクラゴスペル

 ディープインパクト産駒は今年まで1200mの重賞で勝ち鞍が無かったが、それを打ち破ったのがウリウリの2走前のCBC賞。初距離とは思えない適応力で見事にこれまでのジンクスを打ち破った。その後、函館2歳Sをディープ産駒のブランボヌールを制した様に、1回データが崩れてしまうと後は関係ないとも言える。幸いにも昨年の有馬記念でディープ産駒の鬼門であった中山のGIレースをディープ産駒のジェンティルドンナが制しており、その前日には障害GIもディープ産駒が初勝利。特にスプリント戦に良血のディープ産駒が使って来なかっただけで、ウリウリはここでは抜けている存在だと思う。今の中山は少なからず馬力が必要で、母父フレンチデピュティがそれを補える。
 ウリウリからの差し決着をイメージしているので、相手にもそれに伴う形で選び抜く。ディープインパクトの全弟オンファイア産駒のウキヨノカゼは1200m戦で見違える様な変身。ハマった時の強烈な脚が魅力のティーハーフも展開さえ向けば…。ベルカント、ハクサンムーン、アクティブミノルの先行勢は展開で嫌ってみる。馬券は単勝と馬単・馬連で勝負する。

【若駒推奨馬】

中山9R サフラン賞 クードラパン 自信度★★★☆☆

◎クードラパン
○クラウンドジャック
▲リリカルホワイト
△デアリングエッジ
△スミレ
△クナウ

 昨年は新潟開催だったので芝1400mの施行だったが、今年から中山芝1600mになったサフラン賞。12頭の割りには中々の好メンバーが揃った。ここで狙いたいのはクードラパン。新馬戦こそ同レース出走のリリカルホワイトに完敗(3着)したが、次走の新潟での未勝利が秀逸。1頭だけ別の競馬で2馬身差の大楽勝だった。中山替わりはどうかも、半兄は中山2勝(NZT2着、京成杯AH4着)のグランシルクなので杞憂に終わりそう。ここは馬単・馬連でしっかり射止めたい。

阪神5R 2歳メイクデビュー(芝1400m) トウカイメジャー 自信度★★☆☆☆

◎トウカイメジャー
○ファンタサイズ
▲マカレア
△ダイナミックアロー
△タイセイアモーレ
△エスカラード
△グルーヴィタイム

 トウカイメジャーはいそうでいない父ダイワメジャー×母父キングカメハメハの配合馬。現時点で中央デビューは4頭のみで勝ち上がったのは現3歳のオールオブユーの1頭のみ。トウカイメジャーの母は北九州記念を制したトウカイミステリー。勝ち鞍も短距離ばかりで同馬の半兄ナムラビックタイムもスプリンターだった。マイルよりも短いこの位の距離がベストのはずで芝はもちろん母系からダートも充分こなせる。先々まで注目してみたい。

中山4R 2歳メイクデビュー(芝1200m) チタンクレバー 自信度★☆☆☆☆

◎チタンクレバー
○ショコラ
▲リボンドグレープス
△ベルホルト
△ミョウジュ
△マグリット
△シモーヌ
 
 新種牡馬ベーガバド産駒は先週までで3勝。良馬場に限るとダート(1.0.0.1)で芝(2.1.1.11)と抱いているイメージほどは悪くない成績。正直それ以外の適性はまだつかめないが芝1200mだと(1.1.1.5)と1番安定しているので新馬戦から手を出してみたい。チタンクレバーの母母は重賞4勝のダイヤモンドビコーで母系はしっかりしており配合的には期待出来る。馬券は単複と馬連で組み立てる。