17
October , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【サウジアラビアRC】【毎日王冠】【京都大賞典】

2015年10月9日(金)02時30分更新
Pocket

サウジアラビアRC(10月10日・東京11R)

◎イモータル中心も○▲との三つ巴

昨年重賞に格上げされたいちょうSが早くも名称変更。距離1600mは昨年同様だがいま一つレース特性が判然としないのも事実。全馬1勝馬だけに勝ちっぷりを優先して、本命◎は新潟の1800m戦で道中3番手から上がり32秒9で後続に5馬身差をつけたイモータル。次いでマイル戦で後方から32秒6の脚を使ったアストラエンブレムに○。さらに3戦目の未勝利戦で出遅れながら直線一気の圧勝を演じたハレルヤボーイに単穴▲。ほぼこの3頭の巴戦と見るが、一角崩しがあればブレイブスマッシュかマコトルーメン。

◎イモータル

○アストラエンブレム

▲ハレルヤボーイ

△ブレイブスマッシュ

△マコトルーメン

 

毎日王冠(10月11日・東京11R)

単騎逃げ切り!エイシンヒカリ

天皇賞、JCを見据えた有力馬たちには秋始動戦という意味合いが強く、少なくとも前半から位置を取り合いに行くことはないだろう。◎エイシンヒカリにとっては最後の1Fに脚を残してのマイペース逃げが打てる絶好の展開。東京コースも2戦2勝、開幕週の高速馬場も手伝って一気の逃げ切りだ。対抗○はメンバー中唯一夏場を使われてきたディサイファ。札幌記念は遅咲きの本格化を窺わせる快勝だった。安田記念②着のヴァンセンヌが単穴▲。七夕賞で2000mをこなしたグランデッツァが得意の1800mに戻って特注★。実績馬はあくまで押さえの△まで。

◎エイシンヒカリ

○ディサイファ

▲ヴァンセンヌ

★グランデッツァ

△イスラボニータ

△スピルバーグ

△アンビシャス

△ステファノス

 

京都大賞典(10月12日・京都11R)

大器サウンズ復活!秋GⅠ戦線に名乗り

究極のレコード決着だった昨年の菊花賞で②着したサウンズオブアースは、その激走の反動からか今年の春2戦は振るわなかった。ここは再度立て直しての始動戦となるが、中間の乗り込み量、時計から見て今回は動ける態勢にあると判断、世代トップの能力を信頼して本命◎。対抗○は1F長い気もするが夏場の札幌記念を叩かれた順調さを買ってラキシスとした。ラブリーデイは休み明けのマイナスはあってもGⅠ馬の格好は付けたいところで格尊重の▲。特注★は父ハーツクライの晩成の血が開花しつつあるレコンダイト。ワンアンドオンリーは宝塚記念が負けすぎで△まで。

◎サウンズオブアース

○ラキシス

▲ラブリーデイ

★レコンダイト

△ワンアンドオンリー

△カレンミロティック

△フーラブライド