21
July , 2018
Saturday


“テイラーの呪い”!?公演したスタジアムが本拠地の球団次々連敗していた

2015年10月9日(金)04時35分更新
Pocket

先週末、ブルージェイズの本拠地ロジャーズ・センターで“呪い”を撒き散らす?テイラー(@taylorswift/instagram)

先週末、ブルージェイズの本拠地ロジャーズ・センターで“呪い”を撒き散らす?テイラー(@taylorswift/instagram)

 プレーオフ真っ盛りの米大リーグ。米大手スポーツ専門局「ESPN」はペナントレースを振り返り、テイラー・スウィフト(25)がスタジアムで公演した後、そのスタジアムを本拠地にしている球団が、ことごとく連敗した衝撃データを公開。「偶然には違いないが、世間では“テイラーの呪い”と呼ばれています」と紹介した。

 まずはワシントンを拠点とするナショナルズ。7月にテイラーが公演した2日後、試合中に突然停電になり、試合は中止に。それまでナショナル・リーグの東地区首位だったナショナルズだが、この直後から連敗続きで首位から陥落。結局、同地区2位でプレーオフ進出を逃した。

 同ナ・リーグのサンディエゴ・パドレスは、テイラーが8月29日に公演を行った後、地元で連敗。29戦して11勝18敗と完全に負け越した。所属する西地区の順位も5チーム中、4位とさっぱり。

 一方、アメリカン・リーグのヒューストン・アストロズは8月、55勝45敗と好成績。プレーオフ進出の可能性が高かったため、当初10月13日に予定されていたテイラーの公演を、急きょ9月9日に前倒しにした。ところが、公演後のホームでの試合は8戦して7敗と散々。

 なんとかア・リーグ西地区の2位に踏み止まり、ワイルドカードをかけた試合で東地区2位のヤンキースを下し、かろうじてプレーオフに進出した。

 また、ア・リーグ東地区首位でプレーオフ進出をすでに決めているトロント・ブルージェイズの本拠地では先週末、テイラーの公演が行われ、直後にブルージェイズは2連敗。テイラーってけっこう“下げマン”だった!?