21
May , 2018
Monday


HIV感染判明チャーリー・シーン 男性とのオーラルセックスビデオ発覚

2015年11月24日(火)05時14分更新
Pocket

〝両刀使い〟だったチャーリー(@charliesheen/instagram)

〝両刀使い〟だったチャーリー(@charliesheen/instagram)

 また衝撃事実が浮上した。HIV感染が明らかになった米俳優チャーリー・シーン(50)が、薬物を吸いながら男性とオーラルセックスするゲイセックスビデオの存在が発覚した。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 ビデオを視聴したレーダーの記事によると、チャーリーは、クラック(煙草で吸引できる状態にしたコカインの塊)を吸い、ニヤニヤしながら相手男性のナニをしゃぶるというものだ。

 関係者によると、この動画は、男性が「性器ヘルペスを移された」として損害賠償金2000万ドル(約24億円)を求めてチャーリーを訴えた裁判の関連で発覚したという。

 裁判はチャーリーが原告に“数億円”の賠償金を支払うという形で和解したとされる。

 レーダーによると、映像の行為を撮影したのは、チャーリーがラスベガスで男性と出会った2011年4月。その際、チャーリーは「性病は持っていない」と男性に伝えていた。チャーリーは自身のHIV感染が判明したのは同年5月だったと主張している。

 和解条件は、ビデオテープをチャーリーが受け取り破壊することだったが、今回、問題の映像が見つかったことで、テープはコピーされていたことが判明した。