22
November , 2017
Wednesday


「オルセン姉妹」メアリーケイトが電撃婚!新郎はサルコジ前仏大統領の弟

2015年12月1日(火)03時24分更新
Pocket

インスタグラムで公開した2人のキスショット(@marykatesarkozy/instagram)

インスタグラムで公開した2人のキスショット(@marykatesarkozy/instagram)

 1980~90年代に大ヒットした米テレビドラマ「フルハウス」で、人気を博した双子の子役「オルセン姉妹」のメアリーケイト・オルセン(29)が電撃入籍した。相手は昨年2月に交際を始めたニコラ・サルコジ前フランス大統領の異母弟オリビエ・サルコジ(46)。同ドラマで父親役を演じた米俳優ボブ・サゲットが、本当の父親さながら“娘”の結婚を発表した。

 メアリーケイトは現在、2006年に双子のアシュレーと共に立ち上げた高級ファッションブランド「ザ・ロウ」のデザイナーとして活躍。新郎のオリビエ氏は、米大手投資ファンド、カーライル・グループのグローバル金融サービス担当マネジングディレクターを務める。

 米メディアによると、2人はニューヨークの私邸で11月27日に挙式。親族ら約50人のみが参列した。

 メアリーケイトは初婚だが、オリビエ氏は再婚。結婚14年後の10年に女流作家のシャルロット・ベルナールと別居し、翌年に離婚が成立した。