21
October , 2017
Saturday


米誌ペーパー最新号でパリス・ヒルトンが魅せた生尻フェチ写真がコレだ!

2015年12月3日(木)09時00分更新
Pocket

注目のグラビア写真がコレ!(@papermagazine/instagram)

注目のグラビア写真がコレ!(@papermagazine/instagram)

 キム・カーダシアン(35)の巨尻を表紙に使うなど話題を集める米季刊誌ペーパーが、今度はパリス・ヒルトン(34)にフォーカス。SMチックな写真で最新号の表紙とグラビアを飾った。

 ニューヨークのファッションやポップカルチャーを中心に構成する人気の同誌。最新号の注目は、何と言っても全裸のパリスの前部分だけを生地で覆ってヒモで縛り、後ろ手につながれたようなイメージをバックショットで撮った1枚だ。

 三十路を過ぎたとはいえ、スレンダーボディーに生尻姿のパリスは、男性ファンにとってはまだまだ生唾ものだ。

 そんなパリスだが、同誌とのインタビューでは意外な一面も――。

 最近ネットで検索したものは何かと聞かれ、「カレに家庭料理を食べさせたくて、ローストチキンの焼き方レシピを探した」と答えた。台所には縁の無いように思われるパリスだが、実は料理も大好きだとか。

 そのラッキーなカレシとは、オーストラリア出身でスイス在住の大富豪トーマス・グロス氏(39)。2人は5月にカンヌ国際映画祭で出会い、現在交際中だ。

 パリスはまた、ツイッターなどで個人メッセージを送ってくれるファンに対し、出来る限り一人ひとりに返事を書いているとも。20代はおバカな超セレブキャラで世間を呆れさせたが、熟女になり、私生活は少し落ち着いた様子だ。

こちらはペーパー誌冬号の表紙(@papermagazine/instagram)

こちらはペーパー誌2015年冬号の表紙(@papermagazine/instagram)

昨年冬号で話題を集めたキムの巨尻写真(@papermagazine/instagram)

昨年冬号で話題を集めたキムの巨尻写真(@papermagazine/instagram)