21
August , 2017
Monday


ちょいワル火遊び馬券【ステイヤーズS】【金鯱賞】【チャンピオンズC】

2015年12月4日(金)02時45分更新
Pocket

ステイヤーズS(12月5日・中山11R)

長距離界に新星誕生!アルバート◎

札幌の500万下を大楽勝して上昇気流に乗ったアルバート。東京、京都の2400m戦を通過点としていよいよ重賞初制覇に挑む。母父ダンスインザダークなら一気の距離延長も不安なし、堀厩舎&ムーアの黄金コンビも魅力で本命◎。対抗○は前走のアルゼンチン共和国杯で積極策からあわやの②着に粘ったメイショウカドマツ。昨年と3年前の②着馬ファタモルガーナは休養明けとなるだけに3番手評価の▲に止める。ステイゴールド産駒のトゥインクルは函館、札幌の2600m戦を連勝しており距離延長は大歓迎、一発大駆けに特注★を回す。以下伏兵4頭に△。

◎アルバート

○メイショウカドマツ

▲ファタモルガーナ

★トゥインクル

△カムフィー

△スズカデヴィアス

△トルークマクト

△ネオブラックダイヤ

 

金鯱賞(12月5日・中京11R)

◎ディサイファ、実績で一歩リード

ディサイファにとっては3月の中日新聞杯で初重賞を手にしたゲンの良いコース。札幌記念勝ちを含めその後の活躍を見ても本格化は明らかで実績信頼の◎。ダービー以来となったアルゼンチン共和国杯で③着と好走したレーヴミストラルが対抗○。やや距離不足の感はあるが、直線の坂と力を要する馬場を味方に逆転も十分。単穴▲は好調持続のミトラで何より距離に融通性が出てきたのが強調材料。一発があれば田辺が駆るクラレント。天皇賞は⑥着もタイム差はコンマ4秒、相手が楽になるここなら特注★。新潟記念勝ちパッションダンス、菊花賞は不利があったベルーフ、昨年②着のサトノノブレスが押さえ。

◎ディサイファ

○レーヴミストラル

▲ミトラ

★クラレント

△パッションダンス

△ベルーフ

△サトノノブレス

 

チャンピオンズC(12月6日・中京11R)

上位拮抗もノンコの破壊力に◎!

コパノリッキーが4角先頭から押し切りを図り、これをマークするホッコータルマエが並びかけて直線は2頭の叩き合い。その外から一気にノンコノユメが強襲という展開。中京のダ1800mは先行馬断然の傾向にあるが、敢えて4連勝中の勢いを買ってノンコノユメに◎。ジャパンDDで距離、武蔵野Sで休み明けと58kをクリア、小柄ながら末脚の破壊力は古馬GⅠクラス相手でも通用するとみた。先行利があるコパノリッキーが対抗○。ホッコータルマエは叩いての上積みが見込め、早めに○を捉えられれば連覇も可能の▲。あとは自力強化、得意の左回りでサウンドトゥルーに特注★。ナムラ、ロワ、ローマン、グレープが押さえ。

◎ノンコノユメ

○コパノリッキー

▲ホッコータルマエ

★サウンドトゥルー

△ナムラビクター

△ロワジャルダン

△ローマンレジェンド

△グレープブランデー